『ストリートアカデミー』講座情報のAPI提供を開始 1,600件の講座情報がイベント情報としてダウンロード可能に ~外部連携の第一弾はカレンダーポータルサイト「Calepo」~

@Press / 2014年12月12日 11時30分

「ストリートアカデミー」APIサービスページ
誰でも先生になれる学びのマーケットプレイス『ストリートアカデミー』を運営するストリートアカデミー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤本 崇)は、2014年12月12日、ストリートアカデミーで掲載されている一般講座の情報をイベント情報としてダウンロード可能にするAPI機能を一般公開致しました。

またAPIサービスを活用した外部連携の第一弾として、株式会社カレポ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:山田 洋志、以下 カレポ)が取り扱うカレンダーポータルサイト「Calepo」に対してのデータ提供を開始致しました。


◆APIサービスの概要
主にイベントデータを扱う開発者による利用を目的とし、ウェブサイトやスマートフォンアプリにてイベントや教室情報を掲載したい人に向けて講座情報をWeb API形式により提供いたします。

サービスURL: http://www.street-academy.com/api.html


◆サービスの特徴
・オープンプラットフォームでの提供。開発者の方であればどなたでも無料でご利用頂けます。利用料なども一切かかりません。
・カテゴリー、日程の区間指定、詳細な講師情報などの豊富な検索条件に対応しております。


◆ストリートアカデミーとは
「ストリートアカデミー」( http://www.street-academy.com )は、スキルを持つ個人の先生が自由にレッスンやワークショップを開催して生徒を募集できる、スキル共有のマーケットプレイスです。ビジネスやウェブからヨガ、フォトレッスンまで、様々なジャンルの個性豊かな学びが全国で1,600件以上掲載されています。


◆Calepoとは
「Calepo」( https://www.calepo.com/ )は、様々なイベントの日時・内容・場所・提供者等の情報を配信する無料のポータルサイトです。簡単な取り込み設定を行うことで、普段利用しているスマートフォンやPCのスケジュールアプリにイベント情報が表示されます。一度設定を行えば、それ以降は自動的に情報が配信されます。従来のサービスとは異なるキーワード・カテゴリ・曜日・エリア・開始時間などの高度な検索機能を提供し、好みの条件で絞り込んだイベントを取り込めるのが特徴です。イベント情報はカレポが提供するほか、無料のユーザ登録を行うことで、法人・個人問わず配信することができ、現在100万件以上のイベントを取り扱っています。


<運営会社について>
会社名: ストリートアカデミー株式会社(英語表記:Street Academy Inc.)
所在地: 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル25F
設立日: 2012年7月17日
代表者: 代表取締役社長 藤本 崇
URL  : http://www.street-academy.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング