オーディオ用に特化したファンレスPC「Ritmo」シリーズ新モデル販売開始 ~新デザイン、最新CPU搭載の「Ritmo2」 バリューモデル「Ritmo Fils」~

@Press / 2014年12月18日 10時30分

「Ritomo2」Front
 有限会社オリオスペック(本社:東京都千代田区、代表取締役:池上 慶司)は、リッピングサーバー機能やDSD再生機能などをお客様の環境に合わせて自由にカスタマイズが可能な完全ファンレスパソコン「Ritmo」シリーズの新モデル「Ritmo2」及び「Ritmo Fils」を2014年12月22日にオリオスペックのオンラインサイトにて販売開始致します。

「Ritmo2」
http://www.oliospec-pcaudio.com/item_detail/itemCode,Ritmo2/
「Ritmo Fils」
http://www.oliospec-pcaudio.com/item_detail/itemCode,RitmoFils/


■Ritmoシリーズの主な特長
・「豊富なカスタムメニュー」 お客様のご希望に合わせてカスタマイズ可能
 リッピングサーバー機能やDSD再生機能等ソフトウエアのインストールから、セットアップをはじめCPUの性能や搭載するストレージまでお客様のご希望に合わせてカスタマイズ可能です。基本仕様はOS(Windows 8.1 64bit)のみをインストール(OSなしも可能)となっており、お客様の環境やご希望をお伺いした上で、最適な仕様をご提案させて頂きます。

・「Ritmo2」 デザイン変更によりBlu-rayドライブも搭載可能
 オーディオというからには見た目の良さは重要だと考え、よりスタイリッシュでオーディオライクな「パソコンらしくないパソコン」を目指した「Ritmo」シリーズ。裏面のカバーを除く本体部分はアルミ削り出しの一体成型筐体で表面はヘアライン処理を施した美しいフォルム、放熱のための両サイドの放熱フィンもデザインの一部となり、バランスの取れたスマートでスタイリッシュなPCに仕上がっております。当社が最も得意とするパソコンの静音性も重視し完全ファンレス化を実現しております。
 筐体デザインの変更によりBlu-rayドライブも搭載可能になりました。CDリッピングはもちろんBlu-rayの再生にも対応。HDMI出力からTVに接続すればBlu-rayやDVDの再生機としても使用可能です。選択可能なドライブの幅も広がりました。

・「Ritmo Fils」 機能はそのままに筐体のコストを抑えたエントリーモデル
 機能はそのままに、見た目の良さも損なうことなく筐体コストを抑えたお求めやすいバリューモデルをご用意致しました。フロントパネル及び放熱のための両サイドの放熱フィンはアルミ製。もちろん完全ファンレス化を実現しております。「Ritmo2」同様Blu-rayドライブ搭載可能。機能面ではほぼ同等性能を実現しております。

@Press

トピックスRSS

ランキング