白夜のフィンランドにて「クフモ室内楽音楽祭」2015年7月開催 ~メインテーマは“クフモに時は流れる(Time flows in Kuhmo)”~

@Press / 2014年12月19日 9時30分

白夜のランマス湖とバイオリニスト
 クフモ室内楽音楽祭事務局は、「クフモ室内楽音楽祭」を2015年7月12日(日)から25日(土)まで開催いたします。

 「クフモ室内楽音楽祭2015」は“時間”を最大のテーマとしています。1日ごとにこのテーマと関連のある題目が選ばれており、「世紀の転換期」、「変化 - 円を描き途切れることなき永遠」といったテーマが名付けられています。クフモの伝統を維持しつつ、新たな発見にわくわくするような、新鮮なものを幅広くお楽しみいただける機会です。
 音楽祭は7月12日(日)にバッハのミサ曲からその幕を開け、7月25日(土)、ピアソラの「ブエノスアイレスの四季」で幕を閉じます。音楽祭期間中は、1日に5つないし6つのコンサートがあり、17世紀から今世紀に至るまでの音楽を鑑賞できるのです。


■開催概要
Kuhmo Chamber Music Festival
開催地   : クフモ市(フィンランド)
開催期間  : 2015年7月12日(日)から25日(土)
チケット販売: 2015年2月16日(月)から
Tel     : intl. +358 8 652 0936
Fax     : intl. +358 8 652 1961
E-mail   : kuhmo.festival@kuhmofestival.fi
URL     : http://www.kuhmofestival.fi/inenglish.htm

使用可能クレジットカード:American Express、Diners Club、
             MasterCard、Visa


■チケット販売、その他詳細について
クフモ室内楽音楽祭(Kuhmon Kamarimusiikki)
Tel : +358 8 652 0936
Mail: kuhmo.festival@kuhmofestival.fi
URL : https://www.facebook.com/kuhmofestival
    http://www.kuhmofestival.fi/


■世界中から集まる豪華な出演者
 「クフモ室内楽音楽祭」には、フィンランド国内、そして世界中から著名な音楽家や合奏団がやって来ます。中には、ブエノスアイレス出身のタンゴ・バンドネオン奏者(小型のアコーディオンのような楽器)マルセロ・ニシンマンやピアニストのニーノ・グヴェタッゼ(グルジア出身。2008年、フランツ・リスト国際ピアノコンクール第2位)が昨年の夏に続き今年もその音色をクフモの空に響かせます。またカルテット(四重奏)合奏者達のドラマを描き話題を呼んだ映画「25年目の弦楽四重奏(2012)」の演奏を担当したブレンタノ・ストリング・クアルテットもやってきます。他にも、ダネール・クアルテットや幅広いレパートリーを誇るストリオーニ・トリオ(Storioni Trio)といった豪華なラインナップが一堂に会します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング