<モッテコ調べ>デイサービス事業者の『食事・栄養サービス』について聴取 リハビリ特化型では食事・栄養サービスが「充分ではない」が約7割にも

@Press / 2014年12月24日 15時0分

Q.デイサービス事業者の法人格
介護向け食品の流通・コンサルティング業務を行う株式会社モッテコ(本社:東京都墨田区、代表取締役:高瀬 誠)では、2014年11~12月に、デイサービス事業者を対象に食事・栄養サービスの調査を実施しました。
(補足:デイサービスは、介護を必要とする利用者が日帰りで事業者に通い、食事や入浴などの日常生活の介護から、機能訓練やレクリエーション・介護方法の指導などの支援を行う介護保険サービスになります)

この調査では内容を食事・栄養にフォーカスし、
・前半では利用者向けに提供している食事・栄養サービスの状況を、
・後半では事業者視点での介護食品の商品・サービスの受容性を聴取しました。

すると調査結果の概略として、一部のデイサービス事業者の食事・栄養サービスは、提供している事業者の視点から「充分ではない」と課題に挙がり、その課題解決の案として介護食品が受容される傾向が見られました。
このリリースでは調査結果のサマリーレポートとして、代表的な内容をご紹介します。

《当リリースでご紹介する内容》
▽デイサービス事業者/利用者の基本的な属性
・デイサービス事業者の法人格、規模、タイプ
・デイサービス利用者の要介護度、食事や栄養に配慮が必要な割合

▽デイサービス事業者が、利用者向けに提供している食事・栄養サービスの状況
・提供している食事・栄養サービスの内容
・提供している食事・栄養サービスは充分であると思いますか

▽デイサービス事業者視点での介護食品の商品・サービスの受容性
・介護食品が、食事・栄養に配慮が必要な利用者に適していると思いますか
・介護食品を、デイサービスから提供できるサービスに興味がありますか


《調査結果》
▽デイサービス事業者/利用者の基本的な属性
まず前段として、今回調査のデイサービス事業者と利用者の基本的な属性は次のようになります。

■デイサービス事業者の法人格、規模、タイプ
Q.デイサービス事業者の法人格
http://www.atpress.ne.jp/releases/55332/img_55332_1.png
Q.デイサービス事業者の規模
http://www.atpress.ne.jp/releases/55332/img_55332_2.png
Q.デイサービス事業者のタイプ
http://www.atpress.ne.jp/releases/55332/img_55332_3.png

デイサービス事業者のタイプ
・1日滞在の従来型:目安として6時間以上滞在し、食事や入浴などの日常生活の介護から、機能訓練やレクリエーション・介護方法の指導などを行う
・半日滞在のリハビリ特化型:目安として4時間未満滞在し、機能訓練や介護予防のためのリハビリテーションを特化して行う
・半日滞在の入浴特化型:目安として4時間未満滞在し、入浴などの日常生活の介護を特化して行う
・(滞在時間を問わず)多機能型:滞在時間はさまざまで、デイサービスを中心に、必要に応じてショートステイや訪問介護などを行う

@Press

トピックスRSS

ランキング