スカパー!調べ 今年笑いのツボに入ったお笑いタレント ダントツ1位「日本エレキテル連合」

@Press / 2014年12月19日 12時30分

今年ツボに入ったお笑い
スカパーJSAT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 高田 真治)は、2012年9月より「ココロ動く、未来へ。」をブランドメッセージに制定し、スカパー!の様々なコンテンツを通して多くの方にココロを動かし、人生を豊かにしていただくことを目指してまいりました。
この度、全国の男女が今年一年で何にココロを動かされ、どのような一年だったと感じているのかを把握するため、「今年の感動ランキング調査」を全国の15歳~69歳の男女1,000名に対し、2014年11月26日~12月1日の6日間で、インターネット調査(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、『今年の感動ランキング2014』としてまとめました。


≪今年一年はどんな年だった?≫

◆ 今年一年を漢字二文字で表すと? 1位は男女とも「忍耐」、女性の2位は「幸福」
◆ 2014年にココロ動いた(感動した)ことは?1位「欲しかったものが手に入った」 2位「会いたかった人に会えた」
◆ “今年は昨年よりも幸福度アップ”3割半
◆ 今年の幸福度 トップは「10代」
◆ 幸せ感は感動体験から! 感動頻度が高い人は幸福度も高い!

はじめに、全国の15歳~69歳の男女1,000名(全回答者)に、今年一年はどのような一年だったかを聞きました。
全回答者(1,000名)に、今年一年を漢字二文字で表すとどのようになるか聞いたところ、最も多かった漢字は「忍耐」(46人)でした。2位~10位までをみると、2位「普通」(24人)、3位「努力」(22人)、4位「幸福」(21人)、5位「変化」(20人)、6位「平凡」(19人)、7位「苦労」、「多忙」、「不安」(いずれも15人)、10位「平穏」(14人)となりました。
10位以内にはランクインしていませんが、「誕生」(9人)や「青春」、「復活」(どちらも3人)、「結婚」、「好転」、「良年」(いずれも2人)、「円満」、「喜楽」、「最良」、「躍動」、「成功」(いずれも1人)といったような一年が明るかったとイメージできる回答もみられました。また、「野球」やサッカーを表す「蹴球」といったスポーツを表す漢字もみられました。
男女別にみると、男女とも1位は「忍耐」(男性21人、女性25人)でしたが、2位以下では異なる傾向がみられ、男性の2位は「普通」(16人)、3位は「平凡」(12人)であったのに対し、女性の2位は「幸福」(16人)、3位は「努力」(13人)でした。

@Press

トピックスRSS

ランキング