~年末年始の帰省シーズン直前。孫と祖父母の手洗いとふれあいに関する実態調査~ 子どもの9割以上が家に帰った直後に手を洗っているが、祖父母の家に行った際にも手を洗っているのは6割以下だったことが判明!

@Press / 2014年12月19日 14時30分

孫と祖父母の手洗いとふれあいに関する実態調査(図1)
 レキットベンキーザー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:ステファン・ガー)の60年以上の歴史を持つ殺菌・消毒の専門家 薬用せっけん「ミューズ」では、子どもたちを始め、家族全員をバイ菌から守るための手洗いをサポートしています。この度、孫とおじいちゃん、おばあちゃんが最もふれあう機会が多くなる年末年始の帰省シーズンを前に「孫と祖父母の手洗いとふれあいに関する実態調査」を実施、結果を公表いたします。

調査対象:今回の調査では、孫世代については、「2歳から10歳の子どもを持ち、両親や義理の両親と同居していない母親」300人に子どもの手洗い実態について聞く一方、祖父母世代については、「2歳から10歳の孫がいるが、孫と同居していないシニア」300人を対象としました。


■調査結果
(1)子どもたちは自宅では手を洗っても祖父母の家に行った際には手を洗っていない実態が明らかに!
 ・孫の93.0%は自宅に帰った直後に手を洗う一方、祖父母の家でいつも手を洗っているのは59.4%

 今回の調査では、小さな子どもたちでは9割以上、祖父母では約8割の人たちが、家に帰ったら手を洗うことが習慣になっていても、祖父母の家や孫の家など、他所の家を訪問した際の手洗いはまだ習慣化されていない実態が浮き彫りになりました。

 自宅での手を洗うタイミングを聞いたところ、2歳から10歳の子どもの93.0%が、帰宅時に手を洗っていることがわかりました。
さらに、子どもたちが祖父母の家に行った際に手を洗っているかどうか調べたところ、祖父母の家でも習慣的に手を洗っていたのは59.4%(「必ず毎回洗っている」35.7%と「いつも洗っている」23.7%の合計)でした。

 なお、祖父母で帰宅時に手を洗っているのは79.7%である一方で、祖父母が孫の家を訪れた際に手を洗っているのかも聞いたところ、習慣的に手を洗っていたのは41.0%(「必ず毎回洗っている」15.0%と「いつも洗っている」26.0%の合計)でした。(図1、図2)

 お孫さんが我が家に来た際は、おじいちゃん、おばあちゃんから「一緒に手を洗おう」と誘ってみてはいかがでしょうか。また、祖父母が訪ねて来た際には、お孫さんからおじいちゃん、おばあちゃんに「一緒に手を洗おう」と誘うといいかもしれません。


(2)子どもが祖父母の家で手を洗わないのは、家庭で使っているハンドソープの違いも原因?
 ・孫の家庭では6割以上の家庭で「泡のハンドソープ」を使用。一方で、祖父母の家庭は、液状、固形、水だけも多い

@Press

トピックスRSS

ランキング