強力なアンチウイルス機能と端末管理を融合した「内部から守るセキュリティ」 「STEALTHONE EP300」1月5日販売開始

@Press / 2015年1月5日 10時0分

製品画像 STEALTHONE EP300
「中小企業に適したIT製品」をモットーに全国に代理店網を展開する株式会社ワイズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:内藤 芳郎、以下 ワイズ)は、端末管理型のネットワークセキュリティアプライアンス「STEALTHONE EP300」を日本国内にて2015年1月5日に販売開始します。

URL: http://www.stealthone.net/


「STEALTHONE EP300」は、セキュリティゲートウェイ機器で防げないネットワーク内部のセキュリティ対策機器です。社内のパソコン端末を一元管理し、利用状況に応じたセキュリティ・コントロールを可能にします。強力なアンチウイルス機能と端末管理を融合し「内部から守るセキュリティ」を製品化しました。

・社員個々のパソコンでウイルス対策ソフトが更新されているか?
・USBメモリは利用禁止にしているが、本当に守られているのか?
・社用のパソコンに勝手にソフトをインストールしていないか?

など、IT担当者の負担が大きい管理作業を大幅に軽減し、圧倒的な「安心」「簡単」「効果的」を実現しています。


■出荷時期
製品名 :STEALTHONE EP300
販売開始:2015年1月5日


■「STEALTHONE EP300」の特長・仕様は次のとおりです。
【特長】
1. 統合アンチウイルス
コンピュータに侵入するウイルスを発見し、駆除します。コンピュータを定期的にスキャンすることで、常にクリーンな状態を保ち、安心して使用することが出来ます。また、DNAスキャン、ブラウジング・フィッシング保護、マルウェア対策まで行います。

2. 脆弱性スキャン
コンピュータシステムやソフトウェアに存在する潜在的な脅威や脆弱性をスキャンします。コンピュータの状態を最新に保つことで、より効果的なセキュリティ対策を講じることが出来ます。

3. デバイスコントロール&アプリケーション制御
外部デバイス接続時のスキャンだけでなく、USBメモリなどのデバイスを登録することで登録したデバイス以外の利用を制限することが出来ます。
また、望ましくないアプリケーションの利用を制限します。業務に不必要なアプリケーションを利用させないように、管理者の手で設定することが出来ます。

4. PCチューナー
不要な一時ファイルやテンポラリーファイル、無効なレジストリやディスクエントリなどを掃除し、コンピュータの動作が重くなる原因を取り除きます。スケジュールで自動的にメンテナンスを行うので、安心して利用することが出来ます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング