~夫のボーナス実態調査~夫のボーナスが増えた家庭は15.8%に対し、減った家庭は18.1%!ボーナス増の夫の業種は1位公務員、2位製造業、3位医療・福祉!

@Press / 2014年12月22日 13時0分

(上)夫のボーナスの増減について【夫の世代別】(n=939)、(下)夫のボーナスの増減について【業種別】(n=939)
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)では、「夫のボーナス」についてのアンケートを2014年12月4日~12月10日に実施しましたので、その結果を報告します。アンケートの対象は、30代~40代の主婦を中心とする当社サービス登録の既婚女性会員、有効回答者数は939名(平均年齢44歳)でした。

【調査結果】
(1)夫のボーナスの増減について

http://www.atpress.ne.jp/releases/55460/img_55460_1.jpg
(上)夫のボーナスの増減について【夫の世代別】(n=939)、(下)夫のボーナスの増減について【業種別】(n=939)

アンケートではまず、2014年の夫のボーナスが2013年から増減したかについて聞きましたが、全体では「増えた(増えそう)」が15.9%、「減った(減りそう)」が18.1%、「変化なし」が36.8%となっており、やや減少傾向が見られました。

夫の世代別では30代(n=187)は「増えた(増えそう)」が19.8%、「減った(減りそう)」が13.4%と増加傾向が見られましたが、40代(n=414)では「増えた(増えそう)」が16.7%、「減った(減りそう)」が16.9%、50代で(n=262)は「増えた(増えそう)」が15.3%、「減った(減りそう)」が23.3%となっており、特に50代の妻帯者で減少傾向が顕著に見られました。
(夫の世代20代はn数が10と少ないため、夫の世代60代以上は既に仕事から引退している方が多いためそれぞれ参考値)

また、夫の業種別に見ると、「公務員」(n=53)は「増えた(増えそう)」の比率が最も多く30.2%でした。ついで「製造業」(n=170)、「医療・福祉」(n=36)でそれぞれ22.4%、19.4%の妻が夫のボーナスが「増えた(増えそう)と回答しています。

一方、「減った(減りそう)」との回答が最も多かったのは「電気・ガス・熱供給・水道業」(n=29)などのインフラ関係で、34.5%でした。

(2)ボーナスの金額について

http://www.atpress.ne.jp/releases/55460/img_55460_2.jpg
(左)2013年の夫のボーナスについて(n=856)、(右)2014年の夫のボーナスについて(n=939)

@Press

トピックスRSS

ランキング