古本募金「きしゃぽん」と日本障害者リハビリテーション協会が提携

@Press / 2014年12月25日 10時0分

デジタル録音図書「DAISY」
古本・DVD・ゲームの買取と販売の事業を展開する嵯峨野株式会社(本社:埼玉県入間市、代表取締役:大村 肇、以下 嵯峨野)は、CSRの一環として推進している古本募金事業「きしゃぽん」の協動パートナーとして、公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会(本部:東京都新宿区、会長:炭谷 茂、以下 日本障害者リハビリテーション協会)と事業提携を締結しました。


■古本募金の「きしゃぽん」 - 読み終えた本で社会貢献 -
「きしゃぽん」は、仏教用語の「喜捨」と、「ぽんっ」と簡単に送れる仕組みにちなみ、“寄付する買取”の意味で名付けられました。嵯峨野が、2011年から社会貢献活動の一環として推進している、読み終わった本や見なくなったDVDなどを換金して寄付できる、新しいタイプの募金活動です。

趣旨に賛同した一般の支援者が、不要の本やDVD・CD・ゲームソフトなどを嵯峨野に送ると、査定スタッフが買取額を算出し、提携先の社会貢献団体や大学などに送金します。現金以外の方法で、しかも簡単に募金できるこのようなスタイルは、「ブック・エイド」、「ブック・チャリティー」、「ブック・ドネーション」などとも呼ばれています。

「きしゃぽん」では、本やDVDなど5点以上で送料・振込手数料を嵯峨野が負担。更に嵯峨野からの寄付金100円を加えて募金します。チラシやポスター、webの制作など、提携団体の告知啓蒙活動の支援も行っています。

「きしゃぽん」公式サイト
http://www.kishapon.com/


■障害者の自立と社会参加を推進する「リハ協」
日本障害者リハビリテーション協会は、1964年に設立された、国内外の障害者のリハビリテーションに関する研究と障害者のリハビリテーション事業の振興を目的とする公益財団法人です。障害者リハビリテーションに関する国際的連携では、日本における窓口の役割も果たしています。障害をもつ人々が利用できる建築物や施設を示す世界共通のアイコンである「車いすマーク」の日本における管理を担当し、その理解と普及にも努めています。

日本障害者リハビリテーション協会が手がける事業は多岐にわたりますが、その一つにデジタル録音図書の国際基準規格「DAISY(Digital Accessible Information SYstem)」を活用した事業があります。「DAISY」は、視覚障害者や普通の印刷物を読むことが困難な人々のために開発された情報システムで、日本障害者リハビリテーション協会では、情報センター内に「DAISY研究センター」を設置し、その研究開発と普及推進に力を入れています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング