ワンタイムパスワード「PassLogic」利用ID数が100万件を突破!Amazonギフト券 総額100万円分をプレゼントする記念キャンペーンを実施

@Press / 2015年1月6日 14時0分

PassLogic利用ID100万件突破&キャンペーンバナー
 トークンレスワンタイムパスワード分野の数量シェア国内No.1であるパスロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 秀治)は、同社製品「PassLogic(パスロジック)」(以下 PassLogic)の利用ID数が累計100万件を達成したことをお知らせいたします。また、これを記念して、対象者の方にAmazonギフト券 総額100万円分をプレゼントする「PassLogic 100万ID突破記念キャンペーン」を実施いたします。

PassLogic100万ID突破記念サイト: http://www.passlogy.com/1million/


 PassLogicはトークンを必要としないワンタイムパスワードのシステムとして、2000年の開発当初から、「使いやすさ」と「セキュリティの高さ」の両立を目指し、開発・販売してまいりました。
 すべての開発を社内で行うことによるセキュリティ製品として重要な技術対応力と、パートナー企業の皆様との情報連携によるサポートの迅速性を、多くの企業の皆様にご評価されてきた結果、今回の利用ID数100万件を達成することができました。そして、導入された企業様の利用継続率が、ほぼ100%となっている事実も、PassLogicが高いご評価をいただいていることの証左として、当社への強い励みとなっております。
 この利用ID数100万件達成を期に、「PassLogic 100万ID突破特設サイト」を公開いたしました。パートナー企業各社の方からのご祝辞や、当社代表取締役社長 小川 秀治からのコメントを掲載しております。
 また、皆様への感謝の気持ちを込めて、「PassLogic 100万ID突破記念キャンペーン」を実施いたします。PassLogicメールマガジンに登録し、アンケートにご回答いただいた対象者100名様に、Amazonギフト券10,000円分をプレゼントいたします。キャンペーンの詳細につきましては「PassLogic 100万ID突破特設サイト」をご覧ください。

PassLogic 100万ID突破記念サイト: http://www.passlogy.com/1million/
アンケート実施期間       : 2015年2月16日(月)18:00まで


【「PassLogic」認証方式の概要】
 ブラウザ上に表示されるマトリクス型の乱数表の中から、各ユーザが設定した「位置」および「順番」から数字を抽出・連結し、パスワードを生成します。乱数表は取得するたびに内容が変化します。その結果、パスワードとなる数字の列も毎回変わるワンタイムパスワードとなります。(米国特許第6141751号、日本国特許第5276658号)
 乱数表を見ても、「位置」および「順番」を知らない第3者には、どの数字がワンタイムパスワードとなるのか判別できません。この仕組みにより、従来のワンタイムパスワード製品とは異なり、トークンを必要とせず、デバイスを紛失・盗難・借用された場合でも安全性が保持されます。
この安全性と、利用者への利便性、管理者の管理しやすさなどが評価されております。
PassLogic: http://www.passlogy.com/product

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング