メンテナンス費と光熱費を大幅に抑える次世代の住まい 特別限定商品「V-Premium(プレミアム)」誕生!各店舗限定5棟 特別価格1,497万円より(建物本体価格税抜)

@Press / 2015年1月7日 15時0分

V-Premium(イメージ)
 コミュニケーションワード「くらべれば、クレバリー」を掲げ、全国148店舗の住宅フランチャイズの拠点で「外壁総タイル貼りの住まい」をご提供するクレバリーホーム(FC本部:株式会社新昭和、代表取締役社長:松田 芳彦)では、新春1月2日より外壁タイルと超省エネ性能で、メンテナンス費と光熱費を大幅に抑える次世代の住まい、特別限定商品「V-Premium《Vプレミアム》」を特別価格で販売するキャンペーンを開催しております。


■「V-Premium《Vプレミアム》」について
 「V-Premium」は、クレバリーホームのハイエンドモデル「Vシリーズ」をベースに、キャンペーン特別仕様を装備した特別限定商品です。デザイン性とメンテナンス性に優れた高級外壁タイルを全周にあしらい、2020年に義務化が予定されている新しい省エネ住宅適合基準のさらに上をいく「認定低炭素住宅」にも対応。メンテナンス費や光熱費といった“ライフサイクルコスト”を抑えながら、快適な暮らしを実現する「外壁タイル」と「超省エネ性能」を融合した次世代の住まいとなっております。
 今回のキャンペーンでは、各店限定5棟、特別価格1,497万円※より(建物本体価格税抜)販売します。
※IV地域における参考プラン36S(尺)の場合の価格となります。地域仕様により価格が異なります。


■商品特長について
 「V-Premium」は、メンテナンス費や光熱費など、建てた後にかかってくる“ライフサイクルコスト”を軽減するために、メンテナンス性の高い「外壁総タイル&陶器瓦」をはじめ、超高断熱で大幅な省エネルギーを実現する「2020年義務化省エネ住宅基準」「遮熱高断熱窓Low-E複層ガラス」や、節水・節電性能に優れた「先進ECO設備」などを標準仕様として採用しています。

【外壁総タイル&陶器瓦】
 クレバリーホームは、外壁総タイルと陶器瓦にこだわっています。一般的な外装材の場合、築後約10年ごとに塗替えなどの大掛かりなメンテナンスが必要となりますが、耐久性・耐候性・耐摩耗性・耐汚性に優れている外壁総タイルと陶器瓦は、その必要性がほとんどなく、メンテナンス費用を大幅に削減することができます。

【2020年義務化省エネ住宅基準】
 クレバリーホームでは、これまでも気密性に優れたSPGモノコック構造をベースに、高品質な断熱材や気密性を高めるベーパーバリアシートを採用することで、優れた気密性・断熱性を誇る住まいをお届けしてきました。「V-Premium」では、さらなる省エネルギー化を図るために、2020年に義務化予定の省エネ住宅基準のさらに上をいく「認定低炭素住宅」と同じレベルの超省エネ性能を実現しています。

【遮熱高断熱型Low-E複層ガラス】
 住まいの断熱性能に大きく影響する窓には、断熱性、遮熱性に優れた高性能サッシを採用しています。一年を通して、外気温に左右されにくい室内環境を創ることで、冷暖房効率を大幅に高めます。

【先進ECO設備】
 キッチンやバスルーム、トイレといった水まわりは、家事ラクを叶える機能性や清掃性をはじめ、節水や節電といった光熱費の削減も可能にする先進のECO設備を採用。快適・便利な水まわり環境で、毎日の暮らしをしっかりとサポートします。


クレバリーホームオフィシャルサイト http://www.cleverlyhome.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

外壁総タイル&陶器瓦2020年義務化省エネ住宅基準遮熱高断熱型Low-E複層ガラス

@Press

トピックスRSS

ランキング