美術作家の伊藤存と中村裕太による展覧会「知らない都市」を2月1日から開催 京都精華大学芸術学部の学生がキュレーションを手がける

@Press / 2015年1月8日 12時0分

伊藤存「地域アートプロジェクト報告展〈磯部湯活用プロジェクト〉」(アーツ前橋、2014) 撮影:木暮伸也
京都精華大学(所在地:京都市左京区、学長:竹宮 惠子)では、2015年2月1日(日)~2月8日(日)の期間、芸術学部の学生が企画した展覧会『知らない都市』を、本学サテライトスペース「kara-S」と「つくるビル」の2会場(京都市)で開催いたします。

・『知らない都市 distant neighborhood』
http://www.kara-s.jp/gallery/20150201_distant-neighborhood.html


本展は、現代アートのキュレーション(展覧会を企画し、実施すること)を実践的に学ぶ授業「現代アートプロジェクト演習4」(金沢21世紀美術館のキュレーターとして数々の展覧会を企画してきた芸術学部教員の吉岡恵美子が担当)の成果発表として受講生4名が企画した展覧会です。私たちが暮らす都市における空間・想像・リアリティの新たな拡張について、それぞれの表現活動を通して発信を続ける作家、伊藤存と中村裕太を紹介します。

授業では、展覧会テーマの発案から企画書作成、展示スペースや出品作家・作品の選定と交渉、展示構成、広報、展示立ち会い、運営、記録にいたるまで、展覧会をキュレーションするすべてのプロセスを学生自らで行い、企画を実現するための考え方と方法論を体験的に学んでいきます。学生にとって、作家や作品と創造的な関係性を築き、社会に発信する経験は、現代アートを取り巻く環境について理解を深めるだけでなく、キュレーションの今後の課題についても考える機会となっています。


■『知らない都市 distant neighborhood』概要
【会期】
2015年2月1日(日)~2月8日(日)

【時間】
12:00~19:00 会期中無休 入場無料

【会場】
<kara-S、つくるビル 104A>
kara-S:京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地 COCON KARASUMA 3F
    TEL.075-352-0844
    (地下鉄烏丸線「四条駅」2番出口/阪急京都線「烏丸駅」23番出口)

つくるビル 104A:京都市下京区五条通新町西入西錺屋町25番地 1F
         TEL.075-746-6117
         (地下鉄烏丸線「五条駅」2番出口徒歩5分)

【主催】
京都精華大学 現代アートプロジェクト実行委員会

【企画】
尾嶋香菜子、古迫彩貴、脇田眞季(京都精華大学 芸術学部 洋画コース3年)、高畑紗依(京都精華大学 芸術学部 版画コース3年)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング