国内初、年間で最も活躍したグロースハッカーを表彰する「日本グロースハッカー大賞」を創設

@Press / 2015年1月9日 9時30分

Award Logo 1
 WebのUI改善を簡単に実現できる「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platform, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:須藤 憲司、以下 Kaizen Platform)は、日本一のグロースハッカーを決定する「日本グロースハッカー大賞」の創設と、授賞式兼ミートアップイベント「Japan Growth Hacker Awards 2015」の開催を発表します。


■グロースハッカーとは?
 WebのUIを最適化することで、会員獲得増、受注増といった組織の目的を最大限に実現する、マーケティングを理解したクリエイターです。現在、最も注目されている職業の一つです。米国などでは、オプティマイザー(Optimizer)と呼ばれることもあります。


 日本グロースハッカー大賞の創設の目的は、グロースハッカーおよびその予備軍ともいえるWebデザイナー、Webデベロッパー、コピーライターがグロースハッカーとしてより活躍することを促し、業界を活性化させることです。また、企業のマーケティング担当者に優秀なグロースハッカーを広く知ってもらうことで、WebのUI品質向上に貢献します。

 本大賞は、Kaizen Platformに登録された1,300人以上(2014年11月時点)のグロースハッカーを対象に、クライアント採用数、採用率、勝率、報酬金額などを審査項目とし、計10部門の優秀なグロースハッカーを決定します。さらに、年間最優秀グロースハッカーとして、グロースハッカー・オブ・ザ・イヤーを決定します。日本で初めてのグロースハッカーに特化した賞です。


■日本グロースハッカー大賞の種類
グロースハッカー・オブ・ザ・イヤー
女性向けサイト部門
スマートフォンサイト部門
Eコマース部門
旅行部門
メディア部門
人材サービス部門
飲食部門
サービス/その他部門
最多採用数部門
勝率部門


■本発表に対するコメント
 Kaizen Platform CEO 須藤 憲司は、次のように述べています。
 「優秀なグロースハッカーの活躍に期待する企業は増える一方ですが、グロースハッカーの人数はまだまだ十分ではありません。年次で本大賞を発表していくことで、より一層、グロースハッカーが高付加価値な存在であると認識され、より高い報酬と名誉が得られる一助となることを願っています」


■Japan Growth Hacker Awards 2015
 本大賞の受賞者は、2015年2月10日にグラナダスィート(代官山)で行われるイベント「Japan Growth Hacker Awards 2015」にて発表します。グロースハッカーを対象者とする、授賞式とミートアップを兼ねたイベントです。詳細/参加申込は、以下のイベントページをご覧ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング