旧帝大約3,500人のエリートが選ぶ 就職人気企業ランキング 第1位は三菱商事、商社がベスト3を独占

@Press / 2015年7月16日 12時0分

旧帝大生が第一志望とする企業
東大・慶應・早稲田などの国内上位大学で最大級の就活生集客力を誇る株式会社リーディングマーク(所在地:東京都目黒区、代表取締役:飯田 悠司)は、2016年度卒の就職活動生における就職人気企業の実態調査を実施しました。本調査は、東大・慶應・早稲田・京大・阪大・名古屋大・東北大などの大学・大学院の学生3,550人を対象に、2015年3月1日~2015年4月21日の期間、セミナー会場およびインターネットでのアンケートにて行ったものです。


■調査結果概要
・旧帝大生約3,500人が志望する企業第1位は三菱商事、第2位は三井物産に
旧帝大生が第一志望とする企業は、三菱商事、三井物産、伊藤忠商事という結果に。商社がベスト3を独占する結果となりました。

・旧帝大生が志望する業界、第1位は昨年に引き続き「商社」、34.5%が回答
志望する業界としても第1位は「商社」、関東では44.1%であり、商社人気を牽引しています。

・旧帝大の学生20人に1人は年収1,000万円を希望。期待する年収は二極化
最初の就業先で期待する年収は20人に1人が1,000万円を希望しました。
50%以上の学生は300万~400万円を希望しており、期待年収は二極化していることが伺えます。


■調査結果詳細
・旧帝大生約3,500人が志望する企業第1位は三菱商事、第2位は三井物産に
旧帝大生が第一志望とする企業第1位は三菱商事、第2位は三井物産、続いて伊藤忠商事という結果に。
地方票を多く獲得したJR東海、トヨタ自動車、サントリーがトップ10入りで地場の強さを見せました。同様にデンソー、大阪ガス、関西電力など関東以外に本社を構える企業もトップ30にランクインしました。昨年8位だった博報堂は14位に、9位だった電通は15位となり、広告代理店がトップ10を逃す結果となりました。また、旧帝大に通う男性が第一志望とする企業も、全体と同じく商社がトップ3を独占する結果となっています。
旧帝大に通う女性が第一志望とする企業は第1位がサントリーとなったほか、保険会社、メガバンクなど金融系のランクが上がっています。

Q:企業リストからあなたが働きたいと考える企業のうち、上位5つを選択してください。
https://www.atpress.ne.jp/releases/67577/img_67577_1.jpg (全体)
https://www.atpress.ne.jp/releases/67577/img_67577_2.jpg (男性)
https://www.atpress.ne.jp/releases/67577/img_67577_3.jpg (女性)

@Press

トピックスRSS

ランキング