薄毛は「治らない」と諦める男性が8割、一方でクリニックへの期待も過半数 シロノクリニック「頭髪外来」の来院者が6年で4.6倍増!

@Press / 2015年9月1日 11時0分

図1:頭皮・頭髪で気になることは?
開院20周年を迎えた、主にアンチエイジング美容皮膚科事業を展開する医療法人社団シーズ・メディカルグループ シロノクリニック(理事長:城野 親徳、所在地:東京都渋谷区)は、2008年に開設した「頭髪外来」への頭皮・頭髪に関する1年間の来院総数が6年前と比較すると4.6倍に増加しました。そこで「頭髪外来」の中心世代である40歳以上の男性100名の方に、頭皮・頭髪に関する意識調査を行いましたので、ご報告いたします。


■頭皮・頭髪で気になることは、「薄毛」と「抜け毛」に集中!
男性の頭皮・頭髪で気になることを挙げると、多数ある中でも、圧倒的に「薄毛」と「抜け毛」という結果が出ました(図1)。

図1:頭皮・頭髪で気になることは?
https://www.atpress.ne.jp/releases/70537/img_70537_1.jpg


■82%の男性が「薄毛」は治らないと諦めている!
薄毛だけは避けたいと79%の男性が思っているという結果に(図2)。
それと同時に、薄毛になると改善しにくいと思っている男性が、なんと8割を上回るという実態が明らかになりました(図2)。実情は、正しい知識を知ることで今日から改善が可能なのです。

■2人に1人の男性がクリニックのカウンセリングを希望!
薄毛や抜け毛に関する対処法には、市販の育毛剤やエステサロン、生活習慣の改善など…幾つかある中で、クリニックでカウンセリングを受けてみたいと思っている男性が2人に1人という結果に(図2)。

図2:薄毛に対しての声
https://www.atpress.ne.jp/releases/70537/img_70537_2.jpg


■過半数以上の男性が何歳になっても薄毛は気になると回答!
何歳になっても薄毛を気にする男性が6割超という結果に(図3)。
そこで、シロノクリニックは、生涯「薄毛」を気にして生きるのであれば、豊かな人生を送る手段の一つとして、一刻も早く薄毛対策を実施する価値があることを提唱します。

図3:年を取ったら薄毛は気にならない?
https://www.atpress.ne.jp/releases/70537/img_70537_3.jpg


【シロノクリニックの「メンズ頭髪外来」とは】
現代の日本人男性の約3人に1人が抜け毛や薄毛に悩んでいると言われ、「発毛」「育毛」が注目を集めています。「発毛」は、抜けてしまった毛髪を新しく生やして太く長く成長させることです。「育毛」は、ハリ・コシを失った毛髪を正常なヘアサイクルに戻して、しっかりと毛髪が成長できる頭皮の環境を整えることです。これらを踏まえ、『1.現状把握+2.医学的観点による的確な治療+3.生活改善&メンタルケア』による3本柱で発毛・育毛を促進させる治療がシロノクリニックの頭髪治療になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング