まるで溶岩!?石焼鍋で“グツグツ”ソースのハンバーグ!仙台・一番町の隠れ家バールに新看板メニューが誕生 ~鍋底“おこげパスタ”&選べる3種類のソース~

@Press / 2015年9月16日 11時0分

溶岩焼き「焼きチーズカレーハンバーグ」
株式会社Grande Albero(所在地:宮城県仙台市、代表取締役:安倍 大樹)が運営する、仙台市一番町の隠れ家バール「炭火焼バールRoti」は、ランチの新メニューとして『溶岩焼きハンバーグ』を提供いたします。

「炭火焼バールRoti」 http://g-albero.com/roti/


■『溶岩焼きハンバーグ』について
熱した石焼鍋の底にパスタ麺を敷き、その上には“肉汁”と“玉葱の甘み”、“食感”にこだわった、手ごね炭火焼ハンバーグを乗せました。グツグツに熱したソースを注ぐと「ジュー」という音と共に一気に湯気と香りが立ち昇ります。溶岩焼きハンバーグの味は全3種類です。

・「デミだくキノコハンバーグ」
秘伝のデミグラスソースをたっぷりとかけ、キノコをトッピングしたハンバーグです。コクのある奥深い味わいの“デミだく”ソースが、ハンバーグ本来の旨味を一層引き立てます。

・「焼きチーズカレーハンバーグ」
とろ~り溶けたチーズが濃厚な一品。スパイスが効いたカレーソースとハンバーグの肉汁のコラボレーションは、セットのライスとの相性も抜群です。

・「ホワイトシチューハンバーグ」
“白いハンバーグ”と名付けたくなるほど、熱々のホワイトソースがパスタとハンバーグを覆います。石鍋で焼かれたパスタをソースに絡めれば、焼きカルボナーラの味わいも楽しめます。


“グツグツ石焼ソース”と“肉汁たっぷりハンバーグ”、“おこげパスタ”のトリオが、新たな味わいを生み出します。ランチタイムには、どのソースを選んでも、ライスとサラダ、デザートまでついて1,200円(税抜)で提供いたします。


■「炭火焼バールRoti」とは
仙台市一番町、マーブルロード大町のアーケード内にある、隠れ家的バール「炭火焼バールRoti」は、旬な食材や仙台牛などを炭火で焼き上げるこだわり料理と、ワインを始めとした豊富なドリンクメニューで人気を集めています。ランチタイムには、オーナーのこだわりが随所に光る「本格手ごね炭火焼ハンバーグ」が、近隣のOLやサラリーマンの胃袋を満たします。

< <店舗概要> >
店舗名 : 炭火焼バールRoti
所在地 : 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3-1-16
      (マーブルロード大町アーケード) PARM-CITY131ビル3F
アクセス: 仙台市営地下鉄南北線 広瀬通駅 西3番出口 徒歩5分
営業時間: ランチ  11:30~14:30
      ディナー 17:30~22:00(L.O.22:00)
URL   : http://g-albero.com/roti/


【会社概要】
社名 : 株式会社Grande Albero(G.A.Inc)
代表 : 代表取締役 安倍 大樹
所在地: 〒983-0866 宮城県仙台市宮城野区花京院通1-1203
URL  : http://g-albero.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

溶岩焼き「デミだくキノコハンバーグ」 中には焼きパスタが 溶岩焼き「ホワイトシチューハンバーグ」 ランチセット(ライス付)1,200円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング