PHP総研が政策提言「新しい勤勉(KINBEN)宣言」を塩崎厚労大臣に提出

@Press / 2015年9月16日 21時15分

塩崎厚労大臣に「新しい勤勉宣言」を手交
政策シンクタンクPHP総研(代表:永久寿夫)は、9月16日(水)、【政策提言】「新しい勤勉(KINBEN)宣言―幸せと活力ある未来をつくる働き方とは―」を発表。PHP総研「新しい働き方」研究会座長の小峰隆夫・法政大学教授らが塩崎恭久厚生労働大臣を訪問し、提言書を手交いたしました。

本提言は、働く人一人ひとりが幸福を感じ社会全体にも活力が生まれることを目指したもの。労働時間の長さを尺度とし、自分を犠牲にして仕事に励むというイメージが強い従来型の「勤勉」から、「時間当たりの生産性の高さ」を尺度とする「新しい勤勉(KINBEN)」という価値観への脱却を提唱する。そして、その価値観に基づいた新しい働き方の3原則とその実現に向けた7つの提言を示すとともに、これからの働き方の違いがもたらすGDPやプライマリーバランスへの影響についてのシミュレーションを行っています。

報道関係の皆様におかれましては、本提言の趣旨をご理解いただき、さまざまな機会にご紹介いただきますよう、お願い申し上げます。

【提言書の構成】
1.「新しい勤勉(KINBEN)」とは

2.「新しい勤勉(KINBEN)」3つの原則
  [原則1]生涯にわたって多様かつ柔軟に働くことができる社会をつくる
  [原則2]幸福感と生産性とを両立させる
  [原則3]マネジメント力と自律力の向上で調和をはかる

3.「新しい勤勉(KINBEN)」7つの提言
  [提言1]雇用契約の締結を義務付ける
  [提言2]個人の総労働時間に規制をかける
  [提言3]学校教育で「働き方」のリテラシーを高める
  [提言4]多様な働き方を可能にする「3We」の雇用環境をつくる
  [提言5]企業は自社の「働き方」に関する方針や情報を開示する
  [提言6]官民で「新しい働き方」を支えるマネジメントとシステムを確立する
  [提言7]「新しい働き方」を促進する「新しい場」を創出する

4.「新しい勤勉(KINBEN)」で経済と財政はどう変るのか

※提言書全文をPDFでご覧いただけます
http://research.php.co.jp/research/fiscal/policy/kinben.php

【政策シンクタンクPHP総研「新しい働き方」研究会メンバー】<座長の他は50音順>
小峰隆夫 (法政大学大学院政策創造研究科教授) ※座長
磯山友幸 (経済ジャーナリスト)
小島貴子 (東洋大学理工学部生体医工学科准教授)
小林庸平 (三菱UFJリサーチ・アンド・コンサルティング副主任研究員)
鈴木崇弘 (城西国際大学大学院客員教授、PHP総研客員研究員兼コンサルティング・フェロー)
永久寿夫 (政策シンクタンクPHP総研代表)
福家明子 (四国市民政策機構株式会社代表取締役)
村田啓子 (首都大学東京大学院社会科学研究科教授)

※「政策シンクタンクPHP総研」は、松下幸之助が設立した株式会社PHP研究所(京都市南区、代表取締役社長:清水卓智)の政策シンクタンクです。
http://research.php.co.jp/            

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

「新しい勤勉宣言」表紙

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング