データセクション、ビッグデータ分析に基づいたプロモーション「ソーシャルパネル」を提供開始~将来顧客になりうる潜在層をビッグデータで抽出、広告の最適化へ~

@Press / 2015年10月2日 10時0分

イメージ図1
データセクション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:澤 博史、以下 データセクション)は、広告配信やプロモーションの最適化を支援するソリューション「ソーシャルパネル」の提供を開始いたします。
「ソーシャルパネル」は多様な属性が集まるSNSの中から、将来、顧客になりうる潜在層をビッグデータ分析エンジンで抽出し、以前よりも、効果的かつ低コストでのプロモーションを実現します。


【1】背景・サービス概要
昨今、デジタルデバイスやSNSの普及に伴い、消費者は多くの情報にアクセスすることが可能になりました。一方、情報が多すぎるあまり、価値のない無駄な情報と、価値のある情報を選別することが困難になっております。
また、企業にとっては、適切な顧客ターゲットに、情報を提供することが難しくなっており、特に新商品のプロモーション実施時には、限られた資源の中で、いかにして自分の商品やサービスを訴求し、そして購買まで結び付けるかが課題になっております。
これらの課題を解決することを目的に、データセクションではビッグデータを活用した効果的なプロモーションサービス「ソーシャルパネル」の提供を開始しました。

「ソーシャルパネル」では、SNSやネット上のコミュニティから自社の商品やサービスの潜在層を抽出できるため、潜在層に企業が直接アプローチをすることが可能となります。また、潜在層の趣味・趣向も抽出できるため、潜在層の趣味・趣向に合わせた広告の配信を行うことで、これまでよりも効果的かつ効率的なプロモーションが実現します。

<ソーシャルパネル イメージ図>
https://www.atpress.ne.jp/releases/75377/img_75377_1.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/75377/img_75377_2.jpg


【2】利用シーン
- ゲーム会社
特定の趣味・趣向(10歳/男子/学生/雑誌Aを購読など)を持つユーザーに絞って集客を行いたい。

- アパレル
将来、自社ブランドAのヘビーユーザーになりうる潜在ユーザー層に絞って広告配信を行いたい。

- 自動車メーカー
企業経営に対して、情報感度が高く、将来、自社のハイクラス層向けの自動車を購買しそうなユーザーに広告配信を行いたい。


【3】実証実験結果と今後の展開
現在、ソーシャルゲーム会社と実証実験を行っており、「ソーシャルパネル」を活用することで、設定したKPIに対し有効な効果をあげております。
今後は、「ソーシャルパネル」が導き出したアルゴリズムを精緻化させ、他分野への応用を目指します。


【4】組織紹介
データセクション株式会社(東京証券取引所マザーズ市場:証券コード3905)
本社所在地: 東京都渋谷区渋谷2-17-2 太陽生命渋谷ビル7階
代表者  : 代表取締役社長CEO 澤 博史
設立   : 2000年7月
資本金  : 407,045千円 (2015年3月31日現在)
事業内容 : SaaSサービス事業/リサーチコンサルティング事業/
       ソリューションサービス事業
URL    : http://www.datasection.co.jp/


■本リリースについて
プレスリリースに掲載されている、サービス内容、価格、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後、様々な要因により予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

イメージ図2

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング