パスロジ、トークンレス・ワンタイムパスワード「PassLogic」と日本のUTM(統合脅威管理)市場シェアNo.1(*1)「FortiGate」の連携検証を完了 ~ トークン不要で安全性の高いVPN接続が提供可能に! ~

@Press / 2015年10月6日 11時0分

PassLogic方式概要
 セキュリティソフト開発・販売のパスロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 秀治、以下 パスロジ)は、トークンレス・ワンタイムパスワード「PassLogicエンタープライズ版」と、高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネット(Fortinet(R)、NASDAQ:FTNT)が提供するUTM製品「FortiGate」のVPN接続において連携検証を完了したことを発表します。
 カスタマイズや連携モジュールが必要なく、標準的な設定だけで容易に連携できるため、FortiGateを導入済みの場合、PassLogicを同一セグメントにアドオンするだけですぐにワンタイムパスワード対応にすることが可能です。

■FortiGateとPassLogicの連携イメージ(動画で確認できます。)
http://www.passlogy.com/fortigate-radius-pc


 FortiGateは、ウイルス/スパイウェア対策、スパム対策、アプリケーション可視化と制御、Webフィルタリングから無線LANコントローラや仮想UTMまで、フルラインのセキュリティ機能とネットワーク機能をすべて1台の製品に統合しています。PassLogicと連携することで、VPN接続時のログイン認証がトークンを使わずに対策でき、各企業に安全なVPN接続環境を提供することが可能になりました。

(*1)「2014年 日本UTM市場シェア(ベンダー売上額)」
出典:IDC's Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker - 2015 Q2

 なお、今回の連携検証は、フォーティネットの日本代理店であるSCSK株式会社にご支援をいただき実現いたしました。


■SCSK株式会社
「SCSK株式会社は、FortiGateとPassLogicの連携が実現したことを歓迎いたします。Fortinet製品の代理店として販売を推進していく中で、多様なお客様のニーズに対応できることが求められますが、本連携により、トークン不要のワンタイムパスワードをお客様の新たな選択肢として提示できることになります。今後お客様の課題を解決する適切な手段のひとつとしてご案内できることを期待しています。」


■FortiGate概要
 「FortiGate」は、バランスの良さに優れたUTM製品であり、「FortiASIC」という独自開発の専用プロセッサが搭載されています。FortiASICには、ファイアウォール、VPN、IPSなどネットワークレベルの防御機能を担う「FortiASIC ネットワークプロセッサ」と、ウイルス対策やWebフィルタリングといったコンテンツレベルでの防御機能を担う「FortiASIC コンテンツプロセッサ」、それらを一つのチップに統合したFortiSoCがあり、機能ごとにその処理を任せることで、パフォーマンス低下の問題がほとんど起きません。
 ハードウェア、ソフトウェア、サービスすべてを自社開発・提供し、操作性に優れた日本語GUIで導入も管理も容易です。アプライアンス単位のライセンスによって、ユーザー数無制限ライセンスで圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。


■PassLogicが採用する認証方式「パスロジック認証」概要
 PassLogicでは、トークンの要らないワンタイムパスワードを実現する認証方式として、「パスロジック認証」を採用しています。
 この「パスロジック認証」は、ブラウザ上に表示される乱数表の中から、利用者ごとに設定されている“位置”および“順番”(シークレットパターン)に沿って数字を抽出し、つなげることでパスワードを生成する仕組みです。乱数表を表示するたびに表内の数字が変わるため、パスワードとなる数字も毎回変わり、ワンタイムパスワードとなります(米国特許第6141751号、日本国特許第5276658号)。第三者が乱数表を見ても数字を抽出する位置がわからなければ、パスワードを判別できません。
 PassLogicではこの認証方式を使用しているため、トークンを必要とせず、デバイスを紛失・盗難・借用された場合でも安全性を確保できます。この安全性と使用感、管理性などが評価され、リモートアクセスを重視される企業を中心に100万件を超えるIDを発行し、ご利用いただいております。


■フォーティネット 概要( http://www.fortinet.com/ )
 フォーティネット(NASDAQ:FTNT)は世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関の最も重要な資産を守っています。フォーティネットがグローバルで提供するセキュアで高速なサイバーセキュリティソリューションは、動的なセキュリティ脅威に対抗する高性能な保護を幅広く提供しながら、ITインフラの簡易化も実現しています。フォーティネットのセキュリティソリューションは業界最高レベルの脅威に関する調査・情報収集・分析により強化されています。ネットワークセキュリティだけを提供するベンダーとは異なり、フォーティネットはネットワーク、アプリケーション、モバイルのいずれの環境においても、仮想化・クラウドか物理かを問わず、企業のセキュリティに関する最重要課題を解決します。フォーティネットの顧客は世界中で21万社を超え、大規模な企業・組織も含む多くの企業が、自社ブランドを守るためにフォーティネットに信頼を寄せています。
 フォーティネットジャパンについては、 http://www.fortinet.co.jp をご覧ください。


■パスロジ株式会社 概要
 パスロジ株式会社はワンタイムパスワード製品を主要ビジネスとする認証ベンダーです。マトリクス型のワンタイムパスワード「PassLogic(パスロジック)」を最初に考案した会社であり、全世界を含めて、唯一、PassLogicの知財ライセンスを実施できる会社となっています。パスロジック方式は、パスロジのオリジナル技術であり、パスロジの製品は、日本国内だけでなく、海外からの利用・海外での利用等、ワールドワイドのシステムでも、安心してご利用いただけます。
 パスロジ株式会社は急発展を遂げるネットワーク社会において、安心かつ安全なセキュリティを提供し、その発展に貢献できる企業を目指して活動しています。

所在地    : 東京都千代田区神田小川町3-26-8
設立     : 2000年2月24日
資本金    : 1億円
代表取締役社長: 小川 秀治
URL      : http://www.passlogy.com/
主要製品   : PassLogic、PassClip


※特許発明に係わるサービス・製品を正当な権限なく実施することは、自社開発により実施する場合はもちろん、第三者から購入してエンドユーザとして利用する場合においても、特許権侵害となります。パスロジの正規ライセンスを受けたサービス・製品には、必ず、パンフレット等にパスロジのライセンス表示が付されています。ライセンス表示が無い製品は、パスロジのライセンスを受けておりませんので、ご注意ください。
※購入時には、ライセンスの有無をご確認いただけますようお願いいたします。
※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※記載されている商品名、会社名は、各社の商標または登録商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング