【新刊】『30日間、食べることやめてみました』~「不食」という名の旅~

@Press / 2015年10月14日 9時30分

『30日間、食べることやめてみました』表紙
 株式会社マキノ出版(東京都文京区)は、この度、新刊『30日間、食べることやめてみました』が刊行の運びとなりましたので、ご案内いたします。


 2015年6月17日、俳優の榎木孝明が30日間の不食生活を送っている旨の新聞記事が報道されました。このニュースは各方面に大反響を呼び、連日、テレビや雑誌などで大きな話題になったことは記憶に新しいところです。
 そして今回、この30日間の全記録がDVDブックとして登場することになりました。

 人は食べなければ生きていけないのか?そして、食べるのをやめたとき何が起こるのか?健康のためでもなければ、ダイエットのためでもなく、常識という枠から飛び出して無限の可能性を生きるために訪れた「不食」の世界を、活字と映像でありのままに活写した一冊です。監修は心臓外科の名医・南淵明宏医師。その医学的メカニズムとともに、人類の新たな「生き方」をも解説しています。

 グルメ志向をひた走り、飽食を堪能する日本社会において、本書が問いかけるものにご注目ください。


【本書の構成】
第1章 なぜ、いま不食なのか
第2章 30日間不食日記
第3章 不食の旅を終えて
第4章 不食のそこが知りたいQ&A


【本書の概要】
書名 :30日間、食べることやめてみました
    ~「不食」という名の旅~
著者 :榎木孝明
監修 :南淵明宏(心臓外科医)
体裁 :A5判・並製・140ページ・DVD1枚付き
価格 :1,566円(税込)
発行日:2015年10月14日
発行所:株式会社マキノ出版
    〒113-8560 東京都文京区湯島2-31-8
ご注文:03-3815-2981(販売部)


【著者略歴】
榎木孝明(えのき・たかあき)
鹿児島県出身。武蔵野美術大学デザイン科に学んだのち、劇団四季に入団。1981年、『オンディーヌ』で初主演。83年に劇団四季を退団し、84年、NHK朝の連続テレビ小説『ロマンス』主演でテレビデビュー。その後、俳優として、映画・テレビ・舞台で活躍。旅を好み、アジア各地を中心に世界の風景を描き続ける。毎年、全国各地で個展を開催。


【監修者略歴】
南淵明宏(なぶち・あきひろ)
心臓外科医。1958年、奈良県生まれ。83年、奈良県立医科大学医学部卒業。国立循環器病センター、セント・ビンセント病院(オーストラリア)、シンガポール国立大学病院、新東京病院、大和成和病院などをへて、2010年、大崎病院東京ハートセンターセンター長などを歴任。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング