『ラコステ 福岡天神店』が10月28日(水)にオープン

@Press / 2015年10月14日 11時0分

LACOSTE福岡天神店イメージ
株式会社 ラコステ ジャパン(代表取締役社長:ディーター・ハーベル / 本社:東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル13階)は、2015年10月28日(水)に『ラコステ 福岡天神店』をオープンする。九州地区で最大級の売場面積を誇り、最新のストア デザインコンセプトによる初の路面店となる。地域の旗艦店として、「LACOSTE」のメンズ・レディースの商品をフルラインで展開するほか、シューズの展開を充実させている。また「LACOSTE L!VE」の展開も強化し、幅広い年齢層が訪れる店舗として、更なるブランドファンの獲得を目指す戦略的店舗となっている。

【ラコステ 福岡天神店 店舗概要】

■ 店舗名称:   ラコステ 福岡天神店
■ オープン日:  プレ オープン 2015年10月27日(火)
          グランド オープン 2015年10月28日(水)
■ 住所:     〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-12-57
■ Tel:      092-726-6066
■ 営業時間:    11:00~20:00
■ 店舗延床面積: 193.3 平方メートル
■ 取扱ブランド: LACOSTE(メンズ・レディース / シューズ / アクセサリー)
          LACOSTE L!VE(メンズ・レディース / シューズ / アクセサリー)

【LACOSTEの歴史】
1927年、ルネ・ラコステ(Rene Lacoste)はアメリカのテニスコートでの暑さにも負けないように、快適で通気性、吸湿性に優れた織目のコットン製のポロシャツを自分のために作らせました。長袖のタウンシャツを着てプレーしていた当時のテニスプレーヤーたちの間でこのポロシャツはたちまちセンセーションを捲き起こし、メンズスポーツウェアに革命をもたらせたのでした。
これを機に、1933年、ルネ・ラコステはフランス最大のニット製造会社のオーナーであるアンドレ・ギリエ(Andre Gillier)とともに、ワニのロゴが入ったポロシャツの生産をスタートさせました。これが、LACOSTEのポロシャツ誕生であり、ブランドの歴史の始まりです。テニスウェアの表から見える部分にブランドマークがつけられたのはこれが初めてでした。
テニスウエアとしてのポロシャツが起源に持ちながらも、現在、LACOSTEは、エレガンスとくつろぎの「ライフスタイル」ブランドとして、メンズ・レディースファッション、子供服、靴、香水、革製品、アイウェア、ベルト、時計、ホームテキスタイルといった幅広い分野のコレクションを展開しています。LACOSTEの成功は、本物へのこだわり、パフォーマンス、エレガンスといった本質的価値をもとに築かれたものといえます。
一方で、日常のライフスタイルの提案だけではなく、創設者であるRene Lacosteがテニスチャンピオンであり、妻のSimoneと娘のCatharineがゴルフチャンピオンであったこともあり、今日ではテニスやゴルフといったスポーツシーンでのライフスタイルも提案する、総合的なライフスタイルブランドとして世界中で愛されています。

【LACOSTE L!VE】
2009年のNYコレクションで、ワニと鮮やかで力強い「!」マークが横並びになったロゴが初登場し、RED!と呼ばれ話題となりました。そして、2011年春夏からは、LACOSTEブランドのディレクショナルラインとして、より若くファッション感度が高い世代に向けたLACOSTE L!VEとして本格始動しました。ブランドのルーツをリスペクトしながらも「楽しさ」と「アクティブさ」をテーマに、音楽やアートなどのカルチャーがファッショントレンドに与えるインパクトに着目し、未来志向のクリエイティブにフォーカスしています。
ロゴに使われた「!」マークは、ブランドの独創性、オリジナリティー、そしてアイデンティティを表現しています。LACOSTE L!VEは、LACOSTEというブランドのシンボルであるワニが受け継いできたブランドDNAを現代的な視点から再解釈し、デザイン性、そしてクオリティーやカッティングと言ったディテールにもこだわりを持った人たちに向けられたブランドです。

【ブランドHP】
www.lacoste.jp

【掲載時の読者お問い合わせ先】
ラコステお客様センター Tel. 0120-37-0202


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング