自動車の新カスタムパーツ!高級断熱フロントガラス『SOLAR IMPACT』 「ZVW30プリウス」とのコラボレーション車両が登場 ドレスアップパーツ販売会社 ブローデザインとの協力により実現

@Press / 2015年10月14日 15時0分

コラボ車両イメージ画像
自動車の高級断熱フロントガラスの開発・販売を行う、株式会社ゼロ(所在地:千葉県安房郡、代表取締役:辻本 啓二)は、高級断熱フロントガラス『SOLAR IMPACT(ソーラーインパクト)』と、自動車ドレスアップパーツを販売している株式会社ブローデザイン様が新しくデザイン・製作した「ZVW30プリウス」とのコラボレーションが実現いたしました。
近日、その車両が自動車カスタム専門誌に掲載される予定です。

オフィシャルブログ:
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/2430034/blog/


<新時代の車検対応型カラード・フロントガラス『SOLAR IMPACT(ソーラーインパクト)』>
太陽光を反射する金属製特殊シートを合わせガラスで挟みこむ「サンドイッチ構造」を採用した新時代のカラード・フロントガラス『SOLAR IMPACT(ソーラーインパクト)』。クルマやドライバーにダメージを与える「紫外線」や「赤外線」をカットし、太陽の光を反射させることで、フロントガラスは美しい“シャイニングローズ”に輝きます。


【『SOLAR IMPACT(ソーラーインパクト)』について】
ベンツやポルシェなど欧州の高級車では断熱フロントガラスが使われており、価格も数十万円と非常に高価です。断熱フロントガラスは金属皮膜をガラスでサンドイッチした構造と、太陽光を反射させることで目にも鮮やかな発色が特徴となっています。この高級断熱フロントガラスを作ることが出来るのは世界中で探してもごく限られた工場のみで、当社はそのうちの一つである大手ガラスメーカーの協力を得て様々な試作品作りを重ね、法律基準の厳しい日本国内向けに『SOLAR IMPACT(ソーラーインパクト)』の製造、販売を行うことが出来るようになりました。
日本の自動車ガラスメーカーではこの高級断熱カラード・フロントガラスを取り扱っておりませんので、当社が日本で独占的な販売を展開しております。

『SOLAR IMPACT(ソーラーインパクト)』は欧州の高級車のフロントガラスと同じ手法をとりながら、国産のワゴン、バン、セダン、軽自動車、トラックに乗っている方にもお手頃な価格(¥41,200~¥140,000(税抜))で提供しております。既存の自動車カスタムパーツでは突出した目新しいものがない中で、自動車の顔であるフロントガラスを『SOLAR IMPACT(ソーラーインパクト)』に交換するだけで、車の印象がグレードアップすることから、自動車カスタム市場で新たな切り口のカスタムパーツとして注目を浴びております。


<『SOLAR IMPACT(ソーラーインパクト)』製品の特長>
・太陽光を反射させることにより、シャイニングローズに美しく輝くフロントガラス
・道路運送車両法の保安基準で定められている「70%以上の透過率」で車検対応
・日本工業規格(JIS R 3211)取得
・クッキリとした視界を確保する高い機能性
・UV約99%、輻射熱(ジリジリ感)約60%以上カット
 →快適な車内空間の提供、冷房効率と省燃費性の向上に貢献

※『SOLAR IMPACT』はZERO CORPORATIONの商標登録製品です。

開発・販売:株式会社ゼロ(ZERO CORPORATION)


■会社概要
名称 : 株式会社ゼロ(英表記:ZERO CORPORATION)
所在地: 〒299-1908 千葉県安房郡鋸南町吉浜509-9
設立 : 2014年5月1日
代表者: 代表取締役 辻本 啓二

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

『SOLAR IMPACT』デモカー 『SOLAR IMPACT』断面図 『SOLAR IMPACT』イメージ画像

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング