「11月11日のサムライの日を和服で祝う会」を開催 全国の男性和服ファンが集合!一般参加も可能!

@Press / 2015年10月20日 11時30分

昨年実施された「黒紋付会」
NPO法人「和服を世界遺産にするための全国会議」は、日本和装ホールディングス株式会社(東証2部上場/証券コード2499、本社:東京都千代田区)の協力を得て、来る11月11日のサムライの日(記念日登録済)に「11月11日のサムライの日を和服で祝う会」を開催します。

当日は150名を超えるサムライ(和服男性)の参加を見込んでおり、関係者の他、一般参加も受け付けています。また男性にも和服を広めていくための「半蔵門宣言」の採択も予定しています。同会議では、和服を世界遺産にするには、男性きものの流行も欠かせないと考えています。また女性向けに無料の着付教室を全国に展開し、きもの需要を支えている日本和装では、男きものの普及のために男性向けの着付教室もスタートしています。


【11月11日のサムライの日を和服で祝う会の概要】
■日時      :2015年11月11日 13:00から2時間
■場所      :ホテルグランドアーク半蔵門
■きものコード  :男性、女性とも「おしゃれ着(和服)」
■募集人数    :男性160名、女性40名
■会費      :8,500円(税込)※パーティ費
■参加申込・問合せ:メールのみ 1111@wasou.com

・NPO法人和服を世界遺産にするための全国会議
http://omotenashi.or.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング