明治維新150周年カウントダウンシンポジウム in 札幌を11月20日開催 落語家 桂竹丸師匠が島津家第33代当主&北海道博物館館長と明治維新パネルディスカッション!北海道開拓に尽くした薩摩の志士たち~北海道と鹿児島の絆~

@Press / 2015年10月26日 13時30分

明治維新150周年カウントダウンシンポジウムin札幌
観光かごしま大キャンペーン推進協議会(事務局:鹿児島県観光課)は、2018年に明治維新から150年となることを記念し、鹿児島県に対する認知・理解を深めてもらうことを目的として「明治維新150周年カウントダウンシンポジウム in 札幌」を、2015年11月20日(金)に札幌市・道新ホールにて開催いたします。

本シンポジウムでは、明治維新150周年をきっかけに維新の礎となった薩摩についての理解と周知を図ります。また、2018年の北海道開道150周年も交えたものとするため札幌市内での開催となります。
また本年が薩摩藩英国留学生の渡英150周年に当たり、その留学生のうち北海道で活躍した村橋久成や、北海道開拓使 黒田清隆など北海道にゆかりのある人物に焦点を当てるとともに、北海道と鹿児島県の共通点を探求することで、明治維新150周年と鹿児島県に対する周知を図る機会といたします。


【開催の背景】
薩摩藩は、西郷隆盛や大久保利通など独自の郷中教育で育まれた優れた人材を多く輩出し、明治維新に大きく貢献しました。
2018年に明治維新から150周年という大きな節目を迎えるにあたり、薩摩英国留学生派遣、薩長同盟など、明治維新関連の事象があることから、これらを基軸にしたイベントなどによる情報発信を行います。
さらには、明治維新150周年を機に、アジアにおける日本、アジアにおける明治維新と鹿児島を改めて問いなおしつつ、日本と鹿児島のステイタスを高めるための取組を進めていきます。
本シンポジウムが、全国各地の多数の方が鹿児島県へお越しいただけるきっかけになればと考えております。


【開催概要】
タイトル:明治維新150周年カウントダウンシンポジウム in 札幌
テーマ :開拓に尽くした薩摩の志士たち~北海道と鹿児島の絆~
日時  :2015年11月20日(金)
     開場/17:30 開演/18:00 終了予定/20:30
会場  :道新ホール(札幌市中央区大通西3丁目道新ビル大通館8階)
料金  :入場無料 ※要事前申込み。参加者多数の場合は抽選。
主催  :観光かごしま大キャンペーン推進協議会(事務局:鹿児島県観光課)
後援  :北海道新聞社
内容  :
(1)「本物。の旅かごしま」紹介映像の上映
(2)明治維新トークショー 桂竹丸(落語家)
 「落語家・桂竹丸が語る、北海道で活躍した薩摩藩士」
(3)明治維新パネルディスカッション
 「開拓に尽くした薩摩の志士たち~北海道と鹿児島の絆~」
 <パネリスト>
 ・落語家 桂竹丸師匠(鹿児島県出身)
 ・島津家第33代 株式会社島津興業社長
  島津忠裕氏(鹿児島県出身)
 ・北海道博物館館長 石森秀三氏
 <聞き手>
 ・フリーアナウンサー 堺なおこ氏(北海道出身)
(4)名物「さつまあげ」や人気焼酎などが当たる“かごんま”お楽しみ抽選会
参加予定:約500名予定
申込方法:
必要事項((1)氏名 (2)郵便番号・住所 (3)年齢 (4)電話番号 (5)参加人数と同伴者氏名)を明記して、FAX、ハガキ、メールのいずれかの方法でお申込み
FAX/092-721-9845、メール/ meijiishin@nsk-ad.jp、
ハガキ/〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-4-1-1 5F 西日本新聞広告社内「明治維新150周年カウントダウンシンポジウム事務局」係
※申込締切 11月6日(金)必着
※一つの申込みに付き最大4名様まで。
※当選の発表は聴講券の発送をもってかえさせていただきます。
お問合せ:明治維新150周年カウントダウンシンポジウム in 札幌公演事務局
     (西日本新聞広告社内)TEL:092-711-5293(月~金:10時~17時)


【出演者プロフィール】
■落語家 桂竹丸師匠
1957年3月26日生まれ、鹿児島県鹿屋市出身。1981年に「お笑いスター誕生」で銀賞を獲得し、当時審査委員長を務めていた桂米丸氏に入門。その後NHK新人演芸大賞・最優秀賞を受賞するなど才能を発揮。特技は日本舞踊・若柳流で歌舞伎座に2度の出演経験がある。落語をはじめ、テレビ、ラジオなどにも活躍を見せている。

■島津家第33代 株式会社島津興業社長 島津忠裕氏
島津農場調査のため鹿児島市から札幌市東区に移り住み、調査の傍ら札幌学院大学大学院地域社会マネジメント研究科に在籍。同科終了後、小樽商科大学大学院ビジネススクールで経営学を学ぶ。尚古集成館学芸員。照國神社権禰宜。

■北海道博物館長 石森秀三氏
京都大学人文科学研究所研究員、国立民族学博物館教授(文化資源研究センター長)、北海道大学観光学高等研究センター長、北海道大学大学院観光創造専攻教授を経て、2013年より現職。

■聞き手 フリーアナウンサー 堺なおこ氏
札幌テレビ放送(STV)にアナウンサーとして12年、数多くのジャンルの番組を経験し、雪祭り・歌謡番組など全国中継のスペシャル番組に出演。またラジオではパーソナリティとしても活躍。現在は独立しキャスター・レポーターなど幅広い分野で活躍中。STVラジオ「堺なおこの朝一番」や「夕焼けジャーナル」などを担当。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング