インドネシアの大学生の生の声をアプリ開発に!インドネシア高等教育機関を通じた、スマホゲームのオンサイト・テストマーケティング・ソリューションを提供

@Press / 2015年10月27日 14時0分

インドネシア・テストマーケティング活動
株式会社バザール・エンタテインメント(東京都中野区、代表取締役:大和田健人)は、インドネシア共和国の学園都市バンドゥン市において、2015年11月よりスマートフォン向けゲームアプリケーションのテストマーケティング・ソリューションを提供致します。


インドネシア共和国は2.4億人の人口を抱え、人口の約50%が30歳以下という若年層の多いゲーム市場にとって非常に魅力的な市場ではありますが、市場の発達過程にあり、日本では一般的なテストマーケティング手法の適用が困難な市場であります。

株式会社バザール・エンタテインメントは、26の四年制大学、40を超える専門学校を有するインドネシア共和国バンドゥン市の主要高等教育機関と提携。大学構内において学生にゲームを遊んでもらい、見込み顧客からの回答を直接回収するテストマーケティングのトータル・ソリューションを提供致します。

当社のソリューションを利用して頂く事により、日本のゲームメーカー様は許可の取りにくい大学構内で見込み顧客に直接コンタクトを行い、マーケティング活動を行うと共に、日本語での質問と回答の回収が可能となります。

株式会社バザール・エンタテインメントが提供する「Tokyo Game Network」は、新興国の大学生を対象としたモバイルゲーム・プラットホームです。
現在当社はインドネシア共和国バンドゥン市において5,000名を超える会員を抱え、会員のスマートフォンを介しゲームアプリケーションを配給する事で、低速なインターネットを使わず快適にゲームを入手、遊べる環境を提供しております。

株式会社バザール・エンタテインメントは、人と人とのコミュニケーションを介し、新興国に最適化された次世代コンテンツ配信インフラを提供しております。
日本のゲームメーカー様の海外進出の支援と共に、新興国のインフラの課題解決を図り、コンテンツ産業における日本と新興国の架け橋として努力して参ります。


株式会社バザール・エンタテインメント
東京都中野区弥生町2-41-17
東京コンテンツインキュベーションセンター
http://bazaar-entertainment.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング