行方不明捜索訓練・半田市で12月1日に実施 認知症サポーターによるSANフラワー見守りサービスを利用した対応実践編

@Press / 2015年12月2日 15時0分

半田市見守りエリアのイメージ
加藤電機株式会社(本社:愛知県半田市、本部:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 学、以下 加藤電機)と半田市役所福祉部高齢介護課(所在地:愛知県半田市)は、認知症の方など行方不明が発生した際に、早期発見・保護につなげるため、認知症の方とその家族が安心安全に暮らすことができるまちづくりを目指すため、加藤電機の「SANフラワー見守りサービス」を活用し、半田市で認知症サポーターの方による本格的な行方不明捜索訓練を2015年12月1日(火)に実施し、8名の行方不明役を短時間で発見することができ、SANフラワー見守りサービスの効果を実証できました。


【行方不明捜索訓練について】
2015年5月に実施した捜索模擬訓練では、地域住民の皆さまにご協力頂き訓練を実施しましたが、捜索にあたって、行方不明の認知症高齢者を発見した際には、声掛けなどの対応の仕方も重要であることがわかりました。SANフラワー見守りサービスを活用した実証実験では、屋内にいる行方不明者を発見するなど、GPS端末(当社製品)と比較実験においてもその有効性が確かめられたものの、実際にSANアンテナを使っておよその位置を絞り込むことが重要で、SANアンテナを増やしていく取り組みが課題となりました。


半田市見守りエリアのイメージ
https://www.atpress.ne.jp/releases/81835/img_81835_1.png


【訓練の流れ】
13:15  行方不明者情報発信
      事前登録頂いた方に、行方不明捜索協力依頼メールを送信します。
13:30  捜索開始
      メールを受信した方々が半田市役所に集合し、
      2~3名で捜索班を編成し、
      SANレーダー等の機器を受け取り、捜索に出発します。
13:30~ 行方不明者捜索から発見まで
14:30  (1) SANアンテナの位置情報を得て、行方不明者が居ると思われる
       場所へ向かいます
     (2) SANレーダーを使って、行方不明者を捜索します。
     (3) 「気になる人」を発見したら、ゆっくり近づいて
       「声掛け」をします。
     (4) 行方不明者の安全を確保しながら、発見の連絡を
       市役所高齢介護課に連絡します。
     (5) 警察や市職員への引き渡しを仮定して、市役所に戻ります。
14:45  捜索終了 行方不明者を発見できなかった場合も捜索を打ち切ります。
15:15  捜索訓練の振り返りを行います。
16:00  終了・解散

@Press

トピックスRSS

ランキング