D-LinkがPoE+対応ギガビットアンマネージドスイッチ2機種を3月24日より販売開始

@Press / 2016年3月24日 10時0分

『DGS-1008P/JC』および『DGS-1008MP』
ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下 D-Link)は、ギガビットアンマネージドスイッチ「DGS-1000」シリーズに、IEEE802.3at準拠のPoE / PoE+対応の2機種を新たに追加し、2016年3月24日よりパートナー各社を通じて販売いたします。


今回新たに「DGS-1000」シリーズに追加されるのは、『DGS-1008P/JC』および『DGS-1008MP』の2機種です。両機種ともに10 / 100 / 1000BASE-Tを8ポート搭載した、IEEE802.3at準拠のPoE / PoE+対応アンマネージドスイッチであり、本機器をご利用されることで電源コンセントが無い環境でも、PoE受電対応の無線アクセスポイントや、WEBカメラなどへの電源供給が可能になり、工事コストを削減することが可能です。

『DGS-1008P/JC』は、10 / 100 / 1000BASE-Tの8ポート中、4ポートがPoE / PoE+対応であり、1ポートあたり最大30W、スイッチ全体で最大68Wまで給電することが可能です。
ファンレス設計のコンパクトなデスクトップサイズのスイッチであり、標準で添付される壁設置キットやゴム足などを使用することで、お客様環境に合わせて柔軟な設置設計が可能です。

また『DGS-1008MP』は、10 / 100 / 1000BASE-Tの8ポート中、全ポートがPoE / PoE+対応しており、1ポートあたり最大30W、スイッチ全体で最大140Wまで給電することが可能です。
ファンレス設計および電源内蔵のデスクトップサイズのスイッチであり、標準添付されるラックマウントキットにより、19インチラックに設置することや、ゴム足を取り付けてデスクトップスイッチとして設置することも可能です。

『DGS-1008P/JC』および『DGS-1008MP』は、D-Linkの長期保証制度である『リミテッドライフタイム保証』対応製品であり、製造終了日から5年間のメーカー保証を受けることが可能です。


■製品概要
型番   :DGS-1008P/JC
標準価格 :¥29,800(税別)
標準添付品:本体、ACアダプタ、電源ケーブル、壁設置キット、
      クイックインストールガイド、PLシート、ゴム足、
      シリアルラベル
保証期間 :リミテッドライフタイム保証

型番   :DGS-1008MP
標準価格 :¥39,800(税別)
標準添付品:本体、電源ケーブル、ラックマウントキット、電源抜け防止器具、
      ゴム足、クイックインストールガイド、PLシート、
      シリアルラベル
保証期間 :リミテッドライフタイム保証


【D-Linkについて】
71カ国、187拠点を有する世界的なネットワーク機器メーカー・D-Linkは、1986年の創業から30年の歴史を持ち、エントリーレベルからハイエンドまでのスイッチ、無線LAN製品群、メディアコンバーター、IPカメラ、ネットワークセキュリティ等、ネットワーキングの全分野を網羅したネットワーク機器を、企画・製造・販売しております。
D-Linkは『Building Networks for People』の理念の元、お客様と社会全体にネットワーク機器を通して貢献できる製品作りをグループ全体で行い、約600の製品を年間3,000万台以上、世界各国に向けて出荷しています。D-Linkは2005年7月に、D-Linkブランド製品の販売を目的として日本現地法人・ディーリンクジャパン株式会社を設立し、D-Link製品の国内への浸透を図っています。

社名  : ディーリンクジャパン株式会社
所在地 : 〒141-0022 東京都品川区東五反田2-7-18 SOWA五反田ビル2F
設立  : 2005年7月11日
代表  : 代表取締役社長 廖 晋新(マーティ・リャオ)
資本金 : 9,500万円
URL   : http://www.dlink-jp.com/
事業内容: 自社ブランドによるネットワーク製品の
      開発・設計・企画営業・販売およびサポート業務情報

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング