昭和初期、東京土産の定番「ピーセン」再発売1周年記念イベント開催のご報告 G.W.は、羽田空港、大丸東京、銀座三越にてイベントも

@Press / 2016年4月18日 13時0分

獺祭と「ピーセン」
株式会社榮太樓總本鋪(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役社長:細田 眞、以下:当社)は、当社日本橋本店併設の喫茶室「雪月花」にて、マスメディアや関係者限定の「東京ピーセンナイトwith獺祭Part2」を開催いたしました。
また、ゴールデンウィーク中には銀座三越店スイーツパーク、大丸東京店シーズンスイーツなどのイベントも予定しています。羽田空港売店においては、東京食賓館が現在開催中です。

・「東京ピーセンナイトwith獺祭Part2」&催事情報
http://www.eitaro.com/news/#!post-1075


■「東京ピーセンナイトwith獺祭Part2」について
このイベントは、かつて「銀座江戸一」で販売していた「ピーセン」を現代風にリニューアル、名前と共に生まれ変わった「東京ピーセン」の発売1周年を祝って開催したものです。マスメディアや流通の皆様に実際に味わっていただくクローズイベントとして、約50名の方にお越しいただきました。同商品は、“おやつ”以外に、お酒と相性のいい“おつまみ”でもあることから、昨今人気の高い酒造メーカー、旭酒造株式会社の代表取締役社長の桜井 博志氏(以下:桜井社長)をトークゲストとしてお迎えしました。

当社の常務取締役で企画統括本部長の細田 将己による「獺祭、ピーセン」の掛け声で始まった本イベントでは、「ピーセン」の歴史やお土産に最適な個包装化やパッケージデザインの変更、東京近郊にこだわって集めた原材料などの説明をいたしました。
また、今回コラボレートした「獺祭」は、「酔うため 売るための酒ではなく 味わう酒を求めて」がキャッチコピーの、日本酒が苦手な方にも人気の高いお酒です。
旭酒造株式会社の桜井社長は、「当社の酒造りは他社と比べて、非常に時間と手間をかけて行っており、美味しさのためのこだわりは、原材料、製法にこだわる「東京ピーセン」と共通している」と語りました。
日本酒と「ピーセン」の相性を実際に味わっていただき、皆様方が笑顔で歓談されている様子が印象的なイベントとなりました。
今後は、当社と旭酒造株式会社でのコラボレーション商品の共同開発も計画しております。

<イベントの概要>
名称  :東京ピーセンナイトwith獺祭Part2
開催日時:2016年4月5日(火) 19時スタート
主催者 :株式会社榮太樓總本鋪
場所  :株式会社榮太樓總本鋪 日本橋本店
     東京都中央区日本橋1-2-5
TEL   :03-3271-7785


■近日中の催事予定
銀座三越店スイーツパーク :2016年4月27日(水)~2016年5月3日(火)
大丸東京店シーズンスイーツ:2016年4月27日(水)~2016年5月10日(火)
東京食賓館(羽田空港売店) :2016年2月11日(木)~2016年5月17日(火)
              ※開催中


■「東京ピーセン」販売店舗のご案内
(1)榮太樓總本鋪 日本橋本店
所在地 :〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-5
TEL   :03-3271-7785
営業時間:9:30~18:00(月~土)
定休日 :日曜・祝日

(2)羽田空港売店 第1ターミナルビル 2F 北エリア 東京食賓館
所在地 :〒144-0041 東京都大田区羽田空港3丁目4-2
販売期間:2016年2月11日(木)~2016年5月17日(火)
営業時間:5:45~20:30
定休日 :無休

※尚、取扱店舗は時期によって変わりますので、下記までお問い合わせください。
<お問い合わせ先>
メール: support@eitaro.com


■「東京ピーセン」とは
昭和の高度成長期に一世を風靡した東京土産の定番、「銀座江戸一」の「ピーセン」を当社が継承、懐かしの味を再び東京土産として復活させるため、「東京ピーセン」として、新しい味・パッケージで販売しているものです。
「ピーセン」はピーナッツせんべいの元祖で、ピーナッツの香ばしさが大きな魅力です。「東京ピーセン」は、“最高のピーセンを目指す”という思いから日本一のピーナッツの産地である千葉県産を100%使用しています。さらに「さくさくプレーン」はピーナッツを従来の「ピーセン」の3倍に増量し、国産ピーナッツの魅力を思いっきり楽しめるようにしました。

<ピーセン缶復活>
「ピーセン」といえば、懐かしのエッフェル塔の青い缶。復活のリクエストがとても多く、「東京ピーセン」発売の機会に、その青缶を新しくリニューアルしました。「懐かしくて、新しい」をテーマとしています。

<食感の幅を拡大する3つの風味>
(1)さくさくプレーン
シンプルにピーナッツそのものの味を楽しめるよう、ピーナッツの香りを一番活かす花藻塩(はなもしお)を使用しました。さくさく軽くて後を引く食感で、ビールに合うと定評です。(下記写真の左青)

(2)しっとりチーズ
ゴーダチーズソースにたっぷり生地を浸し、チーズパウダーを振り掛け、チーズ風味を全開にしました。濡れせんタイプでひたひたしっとりとした食感、ワインに合う「ゴーダチーズ風味」です。(下記写真の中央白)

(3)カリっと海老
海老は磯の香りをテーマに隠し味としてホタテエキスパウダーを忍ばせ、魚介類満載の味わいに仕上げました。カリっとサクっと食感、日本酒や焼酎に合う「魚介類風味」です。(下記写真の右赤)

・「東京ピーセン」3種
https://www.atpress.ne.jp/releases/98564/img_98564_4.jpg

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

懐かしの青い缶(左)とリニューアルの青い缶(右) 旭酒造株式会社の桜井社長 「東京ピーセン」3種

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング