1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

落語の後に師匠と同席で心行くまで歓談できる!6代目柳家小さん師匠を囲む会4/23(土)宇都宮「はなろくしょう」にて開催

@Press / 2016年4月18日 13時0分

柳家小さん師匠
江戸遊郭にタイムスリップしたかのような店内、素材・季節感・彩にこだわった料理が話題を集めている、もだん割烹「はなろくしょう」(所在地:栃木県宇都宮市 代表:後藤貴美江)が、2016年4月23日(土)に落語家6代目柳家小さん師匠を囲むプレミアムな落語の宴を開催いたします。

通常の寄席の会場では味わえない、お座敷ならではの圧倒的なライブ感で落語を楽しめるだけでなく、落語の後には、師匠と同席で一緒にお酒を飲み、気楽に歓談できる場が大きな魅力となっております。

【イベント開催の背景~日本の伝統芸能の良さを広めたい~】

近年、落語は人間力が上がるとして注目されつつあります。落語の「話法・間・リズム・調子」がプレゼンに活かせたり、言葉の選び方が上達し、人間関係がスムーズに運ぶようになったりと、ビジネスマンに役立つ要素がたくさん詰まっているのです。また、日本の伝統芸能を知ることにより社会人の教養として役に立つだけでなく、日本の良さを世界に発信することも可能になります。
さらに、子供落語会の開催や落語アニメの登場により、現在では老若男女問わず幅広い世代から支持され始めています。

こうした人気を受け、落語をただ聞いておしまいではなく、聞いたあとも師匠と一緒に食事をしながら、心行くまで歓談できるという、普段なかなか体験することのできない貴重な場を設けることにより、落語の世界をより深く、身近に感じてもらいながら、日本の伝統芸能の良さを広めていきたいと思い、本イベントを開催するに至りました。


【師匠を囲むプレミアムな落語の宴開催概要】

●開催日    :2016年4月23日(土)
●時間     :19:00開始
●場所     :もだん割烹「はなろくしょう」
(栃木県宇都宮市本町5-4 SANOYACITYビル1階)
●参加費    :20,000円(税込)お食事付き
●定員     :限定16名
●申込み方法  :電話にてお申込み下さい
●申込み電話番号:080-4068-9297

【落語家6代目柳家小さんプロフィール】

1947年7月21日生まれ。東京都出身。
落語協会所属、同協会常任理事。
父は「落語会初の人間国宝」の5代目柳家小さん。

1976年 29歳の若さで真打昇進し、3代目柳家三語楼襲名。戦後生まれの初の真打となる。
2002年 社団法人落語協会理事に就任。
2003年 文化庁芸術祭演技部門の大賞を受賞。独演会「国立演芸場」での「真二つ」「目玉」(映画監督山田洋次・作)の高座が評価された。「真二つ」では、父小さんも1967年度芸術賞奨励賞を受賞しており、時をへて親子二代の褒賞に山田監督も賛辞を送った。
2006年 6代目柳家小さん襲名。足掛け3ヶ月に渡る襲名披露を行った。

得意とするネタは「真二つ」「ひとり酒盛」など。主に、柳家伝統の滑稽噺に力を入れているが、新作落語を演じることもある。

【店舗情報】

店舗名  :もだん割烹「はなろくしょう」
所在地  :〒320-0033 栃木県宇都宮市本町5-4 SANOYACITYビル1階
電話番号 :028-680-5950
アクセス :東武宇都宮駅 徒歩5分
URL   : http://r.gnavi.co.jp/7z5m5mp30000/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング