【噂】BMWが「トライアンフ」を復活?!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年3月4日 7時0分

【噂】BMWが「トライアンフ」を復活?!

Filed under: コンバーチブル, BMW, イギリス


BMWがイギリスで、トライアンフの商標登録を行ったというニュースが舞い込んできたので、ここで紹介しよう。
ロールス・ロイスとの提携以前から、ローバーグループを傘下に収めてきたBMW。しかし、ブランドの多くは既に手放しており、MGは今では中国資本の企業に、ランドローバーはインドのタタ・モーターズへと売却されている。一方、現在も手元に残るのは、見事再建を果たしたMINIと、当時から車の生産が休止となっていたライレーとトライアンフだ。

その後ずっと、BMWはトライアンフを復活させようとしているのではという噂がささやかれてきたが、10年以上が経っても現実には至っていない。それでも、復活案はいくつか浮上していたようだ。例えば、BMW「Z4」や、新型のMINI「ロードスター」をベースにしたより低価格なオープンモデルの販売といったアイディアだ。しかし、MINI側が難色を示し、最終的には却下となったようだ。

トライアンフの商標登録の対象は、車両だけでなく、時計やジュエリー、カバンやクリスマスツリーのオーナメントに至るまで、多くの商品が含まれるという。

近い将来、BMWがトライアンフの名で車を製作する計画があるのかどうかはまだ分からない。だが、過去数十年にわたり、その名を独占するかのようにトライアンフの名でオートバイを製造してきた人々にとっては、今回のニュースはあまり嬉しいものではないだろう。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング