【ビデオ】不審車のドライバーはバットマン!? その後のちょっとイイ話

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年4月3日 13時0分

【ビデオ】不審車のドライバーはバットマン!? その後のちょっとイイ話

Filed under: ビデオ, 有名人, その他, ランボルギーニ, パフォーマンス


"警察に車を止められたバットマン"のニュース映像が、ネットで大きな話題を集めているのをご存知だろうか。米メリーランド州警察が不審なナンバープレートをつけた黒いランボルギーニを見つけ、道路脇に停止させると、出てきたのはなんとバットマン姿の男性だったというものだ。車内に正規のナンバープレートを持っていたため罰は免れたものの、いったいこの男性はバットマン姿でどこへ向かっていたのか。その謎を『ワシントン・ポスト』紙が明らかにした。
男性の本名はレニー・B・ロビンソンで、バルティモア近隣の病院で活動する裕福な慈善活動家。この日も入院中の子供たちを見舞う途中だったという。41万円以上するバットマンスーツでさっそうと病院に現れては、子供たちに玩具を配り、サインに応じる。こうした活動によって闘病中の子供や保護者を元気づけているのだ。

彼がこの日運転していたのは黒のランボルギーニ ガヤルド・スパイダーだが、現在ロビンソン氏は本格的な"バットモービル"を発注済みだという。どの映画に登場するバットモービルなのかは不明だが、完成が楽しみだ。

今回メリーランド州警察の車載カメラによる映像がウェブ上で大きく注目されたロビンソン氏だが、"警察の世話"になるのは初めてではない。2011年11月にガヤルドがパンクした際にも救助を求める"バットマン"の映像が流出している。どちらの時も"バットマン"は警官の記念撮影に応じるなど、実にサービス精神旺盛だ。喜ぶ警官の姿をぜひ映像でチェックしてみよう。


<関連動画はこちら>

By Jeff Sabatini
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング