【レポート】マセラティが「アルファ 4C」と新型セダンの生産を本拠地に決定

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年4月17日 13時10分

【レポート】マセラティが「アルファ 4C」と新型セダンの生産を本拠地に決定

Filed under: クーペ, アルファロメオ, 工場/製造, セダン/サロン, マセラティ, パフォーマンス, ラグジュアリー


マセラティが、新型の4ドアセダンとコンパクト・スーパーカー、アルファロメオ「4C」の生産準備を本拠地イタリアでスタートした。
マセラティは先日、初となるSUV「クーバン」を米デトロイトのクライスラーの工場で生産することを決定したばかり。しかしそれは、クーバンにジープ「グランドチェロキー」のシャシーを使用するからであり、同社は新型モデルの本拠地での生産を諦めたわけではなかったようだ。

今回、イタリア北西部のトリノ工場で生産される予定の新型セダンが、「クアトロポルテ」の後継車となるのか、弟分とうわさされているコードネーム"M157"の事なのか、詳しいことはまだ明らかにされていない。

新型車が目白押しのマセラッティ。これからますます目が離せなくなりそうだ。

Gallery: Alfa Romeo 4C Concept Geneva 2011 Photos



By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング