1億5000万円の値が付いたアストンマーティン「DB4GTザガート・サンクションⅡ」

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年5月30日 5時0分

1億5000万円の値が付いたアストンマーティン「DB4GTザガート・サンクションⅡ」

Filed under: アストンマーチン, イギリス, オークション・アクション, クラシック


アストンマーティンの英ニューポート・パグネル工場敷地内にあるレストアショップ、アストンマーチン・ワークスと英競売会社ボナムズは今月21日、毎年恒例のオークションを開催した。
今回の1番の目玉は、「DB4GTザガート・サンクションⅡクーペ」(上の写真)で、落札額はなんと約1億5000万円だった。同車は1961~1963年にかけてアストンマーティンとイタリア・ミラノの名門カロッツェリア、ザガートが19台製作した「DB4GTザガート」の未使用のシャシーを使って製作された復刻モデル。DB4GTザガートは、当初23台製造される予定だったが19台で製造が中止され、30年後にアストンがそのプロジェクトを復活。未使用だった4台のシャシーをザガートに送り、サンクションII として完成させた。今回競売にかけられたモデルは、その4台中、最後に作られたサンクションⅡで、以前は歌手フィル・コリンズなどのマネージャーを務めていたトニー・スミス氏が所有していたという。

他にも、1962年型「DB4ヴァンテージ コンバーチブル」が約7600万円、1963年型「DBSコンバーチブル」が約6100万円で落札された。また、かつてはスコットランドの大地主が所有していて、釣りに出かけるのに便利な装備が施されている1971年型「DBSステーションワゴン」は、予想よりも750万円以上高い、約4300万円で落札されている。その他には、チャールズ皇太子がかつて使用していた1994年型「ヴィラージュ ヴォランテ」と、ボクシングのヘビー級世界チャンピオン、レノックス・ルイスの1994年型「ヴィラージュ」が出品された。

今回のオークションの落札総額は、約8億1000万円にも上るという。詳細はプレスリリース(英文)をどうぞ。

Gallery: Aston Martin DB4GT Zagato Sanction II Photos



By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アストンマーチンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング