「トヨタ 86」と「スバル BRZ」のプラモデル(組み立てキット)が、タミヤから発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年6月1日 7時0分

「トヨタ 86」と「スバル BRZ」のプラモデル(組み立てキット)が、タミヤから発売!

Filed under: トヨタ, 日本, クーペ, トイズ, スポーツ/GTs


模型メーカーのタミヤは、「トヨタ 86」と「スバル BRZ」を1/24スケールで再現したプラスティック・モデルの組み立てキットを発売。まずは専用カラー・スプレーとともにトヨタ 86がこの6月から店頭に並ぶ。
海外の模型マニアにも評価が高いタミヤのスケール・モデル。その中でも、1974年に発売された「ポルシェ 935 ターボ」から始まる1/24スポーツカー・シリーズでは、国内外の市販スポーツカーやそれをベースとしたレースカー・ラリーカーを、手頃な価格とサイズで1/24スケールの組み立て式キットとして製品化している。徹底的な実車取材に基づくエンジンやシャシー、サスペンションまで含めた精密な再現度と、組み立てやすさを高い次元で両立しているところがタミヤ製品の凄さだ。



そのシリーズに新たに加わったモデルが、実車の発売前からタミヤによる製品化が囁かれていたトヨタ 86とスバル BRZの "兄弟"。トヨタによってデザインされた2+2シーター・クーペ・ボディのフォルムはもちろん、フロントに低く搭載されたスバル製水平対向4気筒「ボクサー」エンジンや、実車では両社によって微妙に異なるチューニングが施されたというサスペンション、排気系レイアウトにドライブトレイン、ナビゲーション・システムがビルトインされたインテリアまで、実車そっくりに再現されている。ミラー面やエンブレム類には、メタルインレット呼ばれる薄い金属板で作られたシールが付属。開閉式のボンネットを開ければ、バッテリーやスタビライザーなどのパーツもきちんと配置されており、組み立てやすさを考えた少ないパーツ点数でも雰囲気は十分だが、腕に覚えのある方なら配管類なども自作で追加したくなるに違いない。



タミヤがモデル化したトヨタ 86のグレードは最上級の「GT "Limited"」なので、リア・スポイラーやフロア・アンダーカバーなどの専用装備パーツが付く。17インチの純正アルミ・ホイールは、実車ではダブル・スポークの表面とリムがシルバーで、他の部分はブラックという2トーン・カラーになっているが、キットを製作する際にこれを簡単に塗り分ける方法がちゃんと紹介されている。メッキ仕上げパーツのホイールをまずはエナメルカラーのセミグロス・ブラックで塗り、乾いてからシルバーにしたい部分を、エナメル溶剤を含ませた綿棒で拭き取ればいいとか。



1/24スポーツカー・シリーズのトヨタ 86は、2012年6月2日ごろ発売。価格は3,360円(消費税込み)となっている。やや遅れて6月23日には、ボディ塗装用のカラースプレー「TSメタリックオレンジ」が限定発売されるそうだ。トヨタ 86のイメージ・カラーである「オレンジメタリック」で仕上げたい方はこちらもお買い忘れなく。実車では先に発売されたスバル BRZの方はといえば、来月の新製品として7月14日ごろ発売予定だとか。画像が用意され次第、後ほどまたご紹介したい。

タミヤのトヨタ 86は、スケールモデル以外にも1/10電動RCカーとして製品化されるから、実際に走らせたい方にはこちらがお勧めだ。駆動方式は実車では実現不可と言われている4WD。テクニック次第でフェラーリやGT-Rに勝つことも、実車でやるより難しくないと思われる。価格は2万6,040円(この他に別売りのRCメカ一式等が必要)。6月30日ごろ発売だ。



なお、本日(6月1日)の12時〜13時には、USTREAMのタミヤ公式チャンネルで、トヨタ 86を紹介する「お昼休み模型講座」がライブ配信される。「実車」と「プラモデル」を徹底比較するという今回のプログラム、ライブ試聴は難しい場合でも、後ほど録画された動画を見ることが出来るので、以下のリンクから是非どうぞ。

USTREAM ★★TAMIYA LIVE

Gallery: Tamiya 1/24 Toyota 86



【Source: Tamiya】

【PR】トヨタ 86の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べよう!

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング