【ビデオ】運転中のメールで衝突事故を起こした17歳の少年に有罪判決!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年6月12日 18時0分

【ビデオ】運転中のメールで衝突事故を起こした17歳の少年に有罪判決!

Filed under: ビデオ, 政府/リーガル, 安全性


運転中のメールはまずいと、改めて思い知らされる事故の顛末についてお伝えしよう。
2011年2月、米マサチューセッツ州で運転中にメールを打っていた17歳の少年、アーロン・デヴォーが、センターラインを越え、対向車に真正面から衝突するという事故が起きた。対向車に乗っていたダニエル・バウリー氏(55)は大けがを負い病院に搬送されたが、18日後に亡くなった。

ニュースサイト『ボストン・コム』によると、デヴォーは危険運転致死罪で禁固2年半、またメールを打ちながら運転するという不注意な車の操作に対し禁固2年の判決を言い渡された。デヴォーは裁判で「できることなら、事故をなかったことにしたい。ただただご遺族に謝りたい」と語ったという。

バウリー氏と共に車に乗っていたルツ・ローマンさんは、幸い命は助かったものの言葉には言い表せないほどの精神的苦痛が今も続いているという。ビデオでボストン・コムのインタビューに応じているのは、亡くなったバウリー氏の息子とローマンさんだが、言葉少なに取材に応じる2人の様子から残された者の悲しみが伝わってくる。

デヴォーは17歳という若さと前科がないことで矯正施設に1年服するよう命じられ、他は執行猶予となったそうだが、二度と不幸な事故が起きないよう祈るばかりだ。




By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー


【PR】 シボレーの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング