米のパーツメーカーが「86」のボディキットデザインを募集中!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年7月25日 13時30分

米のパーツメーカーが「86」のボディキットデザインを募集中!

Filed under: トヨタ, クーペ, SEMA, サイオン, アフターマーケット, パフォーマンス


10月にラスベガスで開催されるカスタムカーの祭典、SEMAショー。今年の目玉は、やはりスバル「BRZ」とサイオン「FR-S」(日本名:トヨタ「86」)だろう。この2モデルのチューンドカーを出品予定のチューナーは多いはずだが、アメリカで有名なアフターパーツメーカーのStillenも例外ではない。
同社はコールドエアーインテーク、キャットバックエキゾースト、ビッグブレーキキット、スウェイバーなどを取り付けたFR-Sを同ショーにて披露する予定だ。だがStillenが他のチューナーと違うのは、FR-Sのボディキットのデザインをコンテスト形式で一般から募っている点だろう。

コンテストの応募資格に制限はなく、プロのデザイナーでなくても応募できる。同コンテストの特設サイトには、デザインのためのテンプレートも用意されているので、応募者は自分のデザインを思うままにテンプレートに書き込んでいくだけで投稿が可能だ。審査はデザイン重視で行われるため、実際に商品化できる形かどうかは問わないそうだ。

応募の締め切りは8月14日。上位5名をStillen側で選んだ後、フェイスブック上の人気投票で1位を選ぶ予定だ。優勝賞品はSEMAショーへの2泊3日の旅行で、優勝者はそこで自分がデザインした車をいち早く目にすることができる。興味のある方はぜひ応募してみよう。

Gallery: Stillen Scion FR-S body kit design contest Photos



By John Neff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】86の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング