【DIYショウ2012】トヨタのカマッテ初出展、新タイプワールドプレミア!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年9月1日 10時0分

【DIYショウ2012】トヨタのカマッテ初出展、新タイプワールドプレミア!


8月23~25日に幕張メッセにて開催された"ジャパン DIY ホームセンターショウ2012"に初めて"トヨタ"が出展した。今回出展されたブースは、先日ご紹介した"東京おもちゃショー2012"で子供が組み立てたり、運転したりすることができるEVである 「Camatte」 シリーズが公開されたがそれに続く第二弾となる。今回初公開されたモデルはコンパクトボディながら乗車定員3人乗りを実現している点は前回同様だがこのモデルはかなり鉄板むき出しの無骨なデザインとなっている。ちなみに「Camatte」の意味は、人にかまって、クルマにかまってという"かまって"に由来するということだ。

今回の展示はDIYショーということを意識してか、非常に手作り感が出ているスタイリングとなっている。たたき出しにクリアー塗装という仕上げは、ブリキのおもちゃを連想させるような懐かしさと親しみやすさを感じられた。展示では、子供達に板金作業の工程を分かりやすく説明できるようなサンプルが用意されており、さらに実際に平板をハンマーで叩いて造形を作るといったデモンストレーションも行われていた。


展示ブースの背景には、"トヨタ"の試作部のスタッフが製作したというオブジェが3点展示されていた。いずれもきれいに仕上げられており、ちょっとした芸術品の展覧会のようにも見える展示品であった。ちなみに実際の車両製作でもこのようなことが行われているのかとスタッフに伺ったところ、現在ではこのような板金をするようなことはないが、技術継承のために試作部で作成したとのことであった。DIYショウはホームセンターで販売されるような商品が出品されるのが一般的でいままでに自動車メーカーが出品することは無かった。そのため今後ホームセンターでこのような自動車の部品を販売していくのかとスタッフに伺ったところ、現状では販売は前回同様未定であるが、子供たちがクルマ作りや部品に触れることでもっとクルマに親しんで欲しいというコンセプトにあっているから出品したという回答を頂いた。今回もやはり、若者のクルマ離れへの強い危機感やクルマが憧れから道具への変わっていくことをどうにか克服していきたいというトヨタの強い想いの一端がこの展示で感じられた。

Gallery: camatte


【PR】トヨタ 86の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べよう!

【DIYショウ2012】トヨタのカマッテ初出展、新タイプワールドプレミア!

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング