【速報】小林可夢偉、ベルギーGP予選でフロント・ローを獲得!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年9月1日 23時8分

【速報】小林可夢偉、ベルギーGP予選でフロント・ローを獲得!


2012年F1第12戦ベルギーGP予選が1日、スパ・フランコルシャン・サーキットで行われ、ザウバーの小林可夢偉が自己最高の2番手タイムを記録。日本人ドライバーとしては史上2人目となる決勝スターティング・グリッドのフロント・ローを獲得した。
1ヶ月の夏休みを終え、後半戦最初の戦いとなったベルギーGP。スパ・フランコルシャン・サーキットに着いた小林可夢偉は、「このコース、僕らのクルマは多分、非常に相性がいいと思う」と、大きな自信を持って臨んでいた。

雨に見舞われた金曜日1回目のフリー走行で可夢偉はトップ・タイムを記録。今日の午前中に行われた3回目のフリー走行でも4位のタイムを出している。



そして土曜日午後の予選。第1ラウンドを可夢偉は10位でパスすると、第2ラウンドはさらに順位を上げ6位で通過。残った10台で争われる第3ラウンドで、マクラーレンのジェンソン・バトンに続く2位のタイムを記録した後、元世界チャンピオンを含むライバル達が次々とタイム・アタックを終えていくが、誰も可夢偉に届かず。予選トップ3が受けるインタビューでは実に落ち着いた態度で質問に応える姿が世界中に放映された。



「非常に素晴らしい予選でした」とコメントした可夢偉は、2番手は予想していたか? と訊かれ、「もちろんここは得意なサーキットなので期待はしていましたし、レースでは強いのですが、予選で2番手というのは予想していませんでした」と答えていた。そして最後に日本語でコメントをどうぞ、と言われた可夢偉は、「みなさん、応援ありがとうございました。2番手はすごく嬉しい結果で、明日スパは期待が持てると思います。頑張るので、みなさん応援よろしくお願いします」と語った。



ポール・ポジションのバトンと可夢偉の予選におけるタイム差は0.3秒以下。タイヤの使い方も含め、いつものように決勝レースで強さを発揮すれば、優勝も充分あり得る。

ベルギーGP決勝レースは明日9月2日、日曜日の現地時間14時、日本時間午後9時にスタート。地上波で放映されないから観られない、という方は、いつものようにAutoblogがレース後に結果順位のみをまず速報で、続いて月曜日の朝までにレースのリポートをお届けする予定なので、是非ご覧いただきたい。

Gallery: Kamui Kobayashi : 2012 Belgian Grand Prix Qualify



Image Credit: Sauber Motorsport AG

【PR】新車のご購入をお考えなら!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!

【速報】小林可夢偉、ベルギーGP予選でフロント・ローを獲得!

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング