【ビデオ】現役ドライバー、ニコ・ロズベルグのF1解説パート3! ヘルメットの進化編

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年10月9日 13時20分

【ビデオ】現役ドライバー、ニコ・ロズベルグのF1解説パート3! ヘルメットの進化編


メルセデスAMGのF1ドライバー、ニコ・ロズベルグは、これまでにマシンの安全性や、F1レーサーのドライビングポジションについてビデオで解説している。今回は第3弾となる「レーサーが着用するヘルメットの進化」を紹介するビデオをお届けしよう。
モータースポーツファンとしては、マシンの変遷にばかり注目しがちだが、マシンが改良を遂げてきたのと同じように、ドライバーの安全を守る技術も向上している。ヘルメットの進化もその1つだ。1946年当時、ヨーロッパではヘルメットの着用は義務付けられておらず、革製のレース帽が使用されていた。ビデオでは、その帽子がフルフェイス型のカーボンファイバー製に進化した経緯を紹介し、ロズベルグが実際に使用するヘルメットの最新性能についても解説している。

ちなみに、ロズベルグのヘルメットはわずか1.2kgの重さながら、非常に強い衝撃を受けても変形することなく頭部を守ってくれる。また、摂氏800度の熱に30秒間持ちこたえる高耐熱性と、秒速410mの発射物にも耐えうる頑丈さを持つ。こうした驚くべき高性能は、猛スピードでマシンを走らせるドライバーにとっては欠かせない条件だ。

では、ヘルメットについて解説するロズベルグのビデオ(英語のみ)を早速チェックしてみよう。


<関連動画はこちら>

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【プレゼント企画】Facebookのいいね!を押してランボルギーニのミニカーを当てよう!!
【PR】ヘルメットの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!

【ビデオ】現役ドライバー、ニコ・ロズベルグのF1解説パート3! ヘルメットの進化編

【関連記事】

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング