【MSJ2012】リアル&ユニークなラリーカー・レプリカを一挙ご紹介!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年11月17日 21時0分

【MSJ2012】リアル&ユニークなラリーカー・レプリカを一挙ご紹介!


10月20・21日に東京・お台場で開催された「モータースポーツジャパン2012フェスティバル」の中から、今回は「レプリカカー・コンテスト」の出展車をご紹介したい。モータースポーツ好きの一般オーナーが、ラリーやツーリングカー・レースなどの出場車両そっくりに市販車を仕立て上げ、その完成度やアイディアを披露するイベントだ。

Gallery: Subaru Impreza 2003 PWRC Replica


 
まずは王道そして力作の「スバル インプレッサ WRX」。2003年のPWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権) ニュージーランドで、新井敏弘選手がドライブして見事優勝を飾った、2代目インプレッサのレプリカ車だ。ボディ外装やスポンサー・ステッカーのみならず、車内には14点式ロールケージやラリー・コンピューターなど、本格的な競技用パーツを多数装備。オーナーは実際にこのクルマでラリーにも出場されているそうだ。


Gallery: Ford Escort RS Cosworth 1996 WRC Replica


 
こちらは「フォード・エスコートRSコスワース」。日本には正規輸入されなかったが、ラリーが好きな人たちには人気が高いモデルだ。ヨーロッパ・フォードの主力小型車「エスコート」に、コスワースが開発したエンジンと4輪駆動システムを搭載。その開発目的はもちろんWRC(世界ラリー選手権)で勝つため。このクルマは1996年のインドネシア・ラリーでカルロス・サインツが優勝した車両をレプリカしたそうだ。蛍光オレンジが眩しい「レプソル」カラーはシートではなく、塗装で仕上げたもの。OZレーシングのマグネシウム製15インチ・グラベル用ホイールを使用するなど、細部にも拘りが感じられる。派手なリア・ウイングはラリーカー専用装備ではなく、一般ユーザー向けに販売されたいわゆる「ラグジュアリー仕様」にも装着されていた。


Gallery: Peugeot 206 WRC 2000 Replica


 
ワイド・ボディが迫力の「プジョー 206 WRC」は、2000年のツール・ド・コルス仕様。ただし優勝したジル・パニッツィではなく、年間チャンピオンを獲得したマーカス・グロンホルム車をレプリカしたとのこと。当時販売されていたFRP製のボディ・キットを装着していると思われるが、その状態は新車のよう。シルバーの塗装が非常に美しかった。コクピットにはロールケージや競技用シートベルト等はもちろん、ラリー・コンピューターに消化器まで装備されており、センターコンソールには各種スイッチ類が並んでいた。仕上げも雰囲気もかなりレベルが高い1台。


Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング