コンプリートカーも登場! ホンダ、「N BOX」「N BOX+」を早くもマイナーチェンジ!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年12月24日 21時30分

コンプリートカーも登場! ホンダ、「N BOX」「N BOX+」を早くもマイナーチェンジ!


ホンダは24日、広い室内空間で人気の軽自動車「N BOX」と「N BOX+」にマイナーチェンジを施して発売。同時にコンプリートカー「N BOX Modulo X」を発表した。
これまでホンダは、「Modulo」というブランドで純正カスタマイズ・パーツをいわゆる「アフター品」として販売して来たが、今回N BOXに設定された「Modulo X」とは、専用カスタマイズ・パーツを生産ラインで組み込み、コンプリートカーとして販売するという。それらのパーツはこれまでのModuloパーツと同様、ホンダの100%出資子会社ホンダアクセスが開発を担当する。

その新たに展開を開始するコンプリートカー・ブランドの製品第1弾として2013年1月18日に発売されるのが、上に画像を掲載した「N BOX Modulo X」。一見してフロント周りを中心にベース車とは大きく外観が変わっていることに気付くが、この変更されたフロント・グリルやエアロバンパー、ガーニッシュなどの専用パーツは単なるドレスアップ目的ではなく、「走行テストや風洞テストを繰り返して検証」したという本格的なもの。どうしても背の高い軽自動車は高速走行時に不安を覚えることが多いが、N BOX Modulo Xはこれらのパーツを組み込むことで「高速道路での走行安定性の向上を目指した」という。


Gallery: Honda N BOX Modulo X


 
また、車高を15mmダウンさせた新開発の専用ローダウン・サスペンションは「路面への追従性」を追求し、様々なスプリングとダンパーの組み合わせを検証するなど開発に1年を掛けたという自信作。「ローダウンながら極めてしなやかで乗り心地がよく、安定感を持ってよく曲がる」そうだ。

15インチ・アルミホイールも専用デザインとなり、赤く塗られたブレーキ・ディスク・ローター(キャリパー、ではない)は特別に梱包され、ラインサイドへ搬送されるという。本革巻のステアリング・ホイールとシフト・ノブにはブルーのスティッチが施されている。

見た目だけでなく性能向上も追求したパーツを備え、またコンプリートカーならではの利点として外装の塗装品質も均一になるように注意が払われるというModulo Xは、今後設定車種を順次拡大していくというから楽しみだ。



今回マイナーチェンジされたベース車のN BOXについても触れておこう。「F1の開発者が取り組んだ」ということで一部話題になっているDOHC3気筒エンジンは、さらなる高効率化により燃費がJC08モードでこれまでの22.2km/リッターから24.2km/リッターに向上。そして従来では "派手目" の「N BOX カスタム」にしか設定されていなかったターボ・エンジンが、ノーマルのN BOXでも選べるようになった。他にもフルオート・エアコンやエマージェンシーストップシグナル(走行中に急ブレーキを踏むとハザードランプが自動的に高速点滅して後続車に注意を促す装置)が全車標準装備になるなど、装備充実も図られているようだ。

価格はグレードによって1〜2万円アップか、または据え置き。N BOXが「G」のFFモデルで126万円から「G・ターボパッケージ」4WDモデルの158万円まで。N BOX カスタムは145〜176万円。N BOX+は136万円〜176万7,750円。N BOX+ カスタムは155万円〜187万円となっている。N BOX Modulo Xは自然吸気モデル「G」が178万円、「G・ターボパッケージ」が188万円(いずれも消費税込み)。N BOX+には車いす仕様車も用意されている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング