【スパイショット】新型「C7コルベット」の図面がウェブ上でリーク!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年12月28日 5時0分

【スパイショット】新型「C7コルベット」の図面がウェブ上でリーク!


今回は、来月開幕するデトロイトオートショーで発表されるシボレーの新型「C7コルベット」の図面がリークされたのでご紹介しよう。
先日の2013年型ベントレー「コンチネンタルGT・スピード・コンバーチブル」とメルセデス・ベンツ「CLA」のスパイ写真流出に続いて、今回はC7コルベットの図面がリークされた。この画像は、なんと『Corvette Forum』と呼ばれるコルベットのファンサイトのメンバーが図面を入手して、同サイトに掲載したものだ。現在、図面は削除されているがリークさせた本人は、「見知らぬ誰かがその図面を送ってきたのだが、情報は公にするべきではなかった。関係者に迷惑をかけてしまった」とサイトに書き込みを残している。

このC7の図面は、オーナーズマニュアルかサービスガイドの一部かと思われる。そこにはエクステリアやリアエンド、リアハッチの内部、運転席、シート、エンジンベイなどが細かく描かれている。また、室内には新しいステアリングホイールや大きなセントラルスクリーン、その下に設置された空調ボタンなども読み取れる。

実は、コルベットが最近公開したプロモーション映像にも、ダッシュボードが少しだけ映っていた。ビデオには、中央に位置するLCDスクリーンの横に、一見アナログ仕様にも見えるスピードメーター、水温計、燃料計が映っている。更に、図面によれば同車にはTrack Overlay(トラック・オーバーレイ)と呼ばれる機能が装備されるようで、走行中の車のスピードやブレーキ、アクセルやギアのセレクション、Gフォースや方角、ラップタイム、ステアリングのアングルなどがモニターされるという。そして、それらのデータはPerformance Traction Management(パフォーマンス・トランザクション・マネージメント)と呼ばれるシステムにより、グラフとして表示される。また、同システムはビデオやオーディオ、車両データをSDカードに保存するPerformance Data Recorder(パフォーマンス・データ・レコーダー)と合わせて利用できるようだ。さらに、図面にはなかったが、Active Rev Match(アクティブ・レブ・マッチ)というマニュアル車向けの装備もあり、ギアチェンジをするときにエンジンのスピードを調整するそうだ。

デトロイトオートショーでC7コルベットがお披露目されるまで、あと少し。発表がいまから楽しみだ。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング