【デトロイトショー2013】我々が選んだデトロイトでデビューした車ベスト5!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年1月20日 15時0分

【デトロイトショー2013】我々が選んだデトロイトでデビューした車ベスト5!


2013年の初のオートショーとなったデトロイトオートショー。米のメーカーが新型車を発表することでも有名だが、今回は国外からも多くの新型車とプロトタイプ車がデビューを果たして華やかな幕開けとなった。どの車も素晴らしいのは間違いないが、今回はオートブログの編集者が厳選したこのショーでデビューした車トップ5をお届けしよう。
5位:2014年製メルセデス・ベンツ「CLA」

Gallery: 2014 Mercedes-Benz CLA-Class Detroit 2013



メルセデス・ベンツ「CLA」はデトロイトオートショーの前夜に行われたプレビューショーに登場しただけで、厳密には公式にデビューしたわけではないため、多くの人がその姿を見逃してしまった。それにもかかわらずかなりの注目を集めたということで、第5位に。スタイリッシュなデザインと、下位モデルは低価格設定だというのだから、これはまさに理想の車といえるだろう。

4位:VLデスティノ

Gallery: VL Automotive Destino Detroit 2013



このオートショーで初めてデスティノの名を目にする読者も多いだろう。これは、元ゼネラル・モーターズ副会長のボブ・ラッツ氏が、ある企業とタッグを組み開発した車で、注目すべき一台だ。というのも、一見、プラグイン・ハイブリッドのフィスカー「カルマ」に見えるが、実はフィスカーの代名詞ともいえるハイブリッドのパワートレインを全て取り払い、代わりにシボレー「コルベットZR1」の最大出力647psを発生するLS9型 スパーチャージャーV8エンジンを搭載。さらにはマニュアル・トランスミッションを採用。これは、とんでもない車だ。市販化も予定されており、価格はおよそ1600万円とのこと。

3位:フォード コンセプトカー「アトラス」

Gallery: Ford Atlas Concept Detroit 2013



フォードは、新しいスタイリング、上質なインテリア、そして最新の技術を採用したコンセプトカー「アトラス」を発表し、ピックアップトラックの将来像を示した。パワートレインには、低燃費エンジンのエコブーストが搭載され、スタート/ストップ機能も追加された。新しい機能のほとんどが次期型F150に搭載されると思われるが、荒々しい雰囲気のこのデザインもぜひ次期型に活かして欲しい。

2位:キャデラック「ELR」 (記事はこちら)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング