【オートモーティブワールド2013】チューニングメーカー"APEX"が作ったEVが登場!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年2月6日 14時10分

【オートモーティブワールド2013】チューニングメーカー"APEX"が作ったEVが登場!


Gallery: auto motive world 2013 APEXi



東京ビックサイトで開催された"オートモーティブワールド2013"内の"EV JAPAN"には、マフラーやメーター、ダンパーなどのモータースポーツパーツを手がける"Apex"がEVキットを装着したデモカーを展示した。

今回出品されたのは、皆さんのご期待とは裏腹に?!スポーツカーではなく、商用車のスズキ「エブリイ」をEV化したデモカーである。"Apex"は、以前"A'PEXi"ブランドを展開していたアペクセラの時にもバスのマフラー等環境対応したパーツを手がけてきた。会社は代わったが、モータースポーツだけではなく、"環境対応"といったキーワードは同社のラインナップには欠かせないようである。


中古の「エブリイ」を用意すれば、後は同社のEVキットを装着するだけでEV化できてしまうとのことだ。ただし、今となっては三菱の三菱「ミニキャブMiVE」が最も安いモデルで希望小売価格240万円、さらにクリーンエネルギー自動車導入促進対策対策費補助金が上限67万円差し引かれると173万円という低価格で新車のEVが購入可能である。

担当者に価格面でビジネスとして難しいのではと質問したところ、新車ベースでの改造は割高となるが、エンジンが故障した中古車両をベースとすれば採算面では充分戦えるとのことであった。ちなみに今回展示されたスズキ「エブリイ」も10万キロを超えているがボディはほとんど新品と変わらないレベルを保っていた。こういった短時間で長距離を走行する商用車にはボディを生かしてEV化するコンバージョンは最適かもしれない。


販売に関しては基本的には、整備工場に向けての供給を考えているとのことだ。今後採算の取れにくい地方を中心にガソリンスタンドが閉鎖されてくることが予想されているので、EV化を望むユーザーが増加することが予想される。同社では現時点では1台のみが販売されただけとのことだが、今後需要が高まってラインナップが増えることを期待したいところ。

インパネのインジケータパネルは、カーボン調のスポーティなものになっていた。同社が得意とするスポーティーさは残念ながらその部分しか見受けられなった。担当者にテスラのようにスポーツカーのEV化といった方向性が御社の目指す方向性ではないのかと質問したところ、展開としてスポーツカーのEVも検討したいが、まずはニーズの高い商用車のコンバージョンから始めているということであった。

ガソリンの高騰や環境問題など、スポーツカーを取り巻く環境は厳しい。是非環境にやさしいスポーツEVを一日も早く実現して欲しいところだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング