BMW、「3シリーズ グランツーリスモ」を日本でも発売開始!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年6月4日 21時15分

BMW、「3シリーズ グランツーリスモ」を日本でも発売開始!


BMWは4日、中核モデル「3シリーズ」に追加された新たなモデル・バリエーション「3シリーズ グランツーリスモ」を、日本でも発売開始すると発表した。

Gallery: BMW 3 Series Gran Turismo


 

Gallery: BMW 3 Series Gran Turismo - Interior


 
我がAutoblogでも先月、US版の記者による試乗記をお届けした「3シリーズ グランツーリスモ」は、BMWによれば「クーペのようにエレガントでダイナミックなフォルムでありながら、快適で広々とした室内空間と機能的で実用性に優れたラゲッジ・スペースを兼ね備えた全く新しいコンセプトのニュー・モデル」であるという。




全長4,825mm × 全幅1,830mm × 全高1,510mmというサイズは、ワゴンである「3シリーズ ツーリング」に比べると、全長が20cm、ホイールベースは11cm延長され、全高も5cm引き上げられたことによって、室内空間は拡がり、特に後部座席のレッグ・スペースが約7cm拡大しているとのこと。前席は約6cmほどシート・ポジションが高くなり、ドライバーに良好な視界がもたらされると同時に乗り降りも快適になったそうだ。



ラゲッジ・ルームの容量も520リッターと、3シリーズ ツーリング(495リッター)を上回り、後部座席のバックレストを折り畳めば最大1,600リッターに拡大する(3シリーズ ツーリングは1,500リッター)。荷物で両手が塞がっていても、足元の操作でテール・ゲートを開けることが可能な「コンフォート・アクセス」は全グレードに標準装備だ。



このリア・エンドには、車速に応じて自動的に上昇/格納する「アクティブ・リア・スポイラー」をBMWで初めて採用(下の画像:左)。走行時のダウンフォース確保と、すっきりしたリア・デザインを両立させたというわけだ。

フロント・フェンダーアーチの後方に開けられた「エア・ブリーザー」のダクトも初採用されたエアロダイナミクス技術の1つ(下の画像:右)。フロント・ホイール・ハウスに流れ込む空気を、ここから放出することで、ホイール周辺に発生する乱気流を抑え、空気抵抗を低減するという。



エンジンはガソリンのみ3種類。ベーシックな「320iグランツーリスモ」には、最高出力184ps/5,000rpmと最大トルク27.4kgm/1,250-4,500rpmを発生する2.0リッター直列4気筒を搭載。JC08モード燃費は15.0km/リッターと発表されている。中間グレードの「328iグランツーリスモ」にも排気量は同じ2.0リッターの直列4気筒が積まれるが、より高性能な245ps/5,000rpmと35.7kgm/1,250-4,800rpmを発揮。JC08モード燃費は14.7km/リッターと、320iに比べてそれほど落ちていない。トップ・グレードの「335iグランツーリスモ」には伝統の3.0リッター直列6気筒が搭載され、306ps/5,800rpmの最高出力と40.6kgm/1,250-5,000rpmという大トルクを誇る。こちらはJC08モード燃費12.5km/リッターとなるが、300馬力オーバーの性能と車両重量2トンを超えることを考えれば悪くない数値と言えるかも知れない。いずれのエンジンも、ツインスクロール・ターボチャージャーと高精度ダイレクト・インジェクションに、ダブルVANOSやバルブトロニックを組み合わせた「BMW ツインパワー・ターボ」と呼ばれる直噴ターボ・ユニットだ。トランスミッションは全車8速ATのみの設定。全モデルがエコカー減税の対象となる。




各モデルには標準仕様の他、トリムや装備の違いによって「Sport」「Modern」「Luxury」という3タイプの「デザイン・ライン」と呼ばれるバリエーションが用意され、さらにBMW M社が開発した専用のエアロ・パーツや足回り、8速スポーツATを装備する「M Sport」が遅れて(納車は2013年秋になるそうだ)導入される。



価格は「320iグランツーリスモ」の標準仕様が494万円、デザイン・ラインは3タイプいずれも514万円、M Sportが543万円。「328iグランツーリスモ」はそれぞれ599万円、619万円、648万円。「335iグランツーリスモ」は730万円、750万円、776万円となっている(いずれも消費税込み)。

荷室や室内が拡大されたことによる実用性の高さに加え、犠牲になっていないドライビング性能やシャシーとパワートレインの見事な出来映えについては、試乗したUS版の記者、マット・デイヴィスも賞賛の声を上げた、この3シリーズ グランツーリスモ。日本導入を待ち望んでいた方も多いだろう。装備やスペック等、詳しい情報については以下のリンクから公式サイトをご覧いただきたい。まだ試乗記をお読みになっていない方は、そちらも是非どうぞ。

BMW公式サイト 「3 シリーズ グランツーリスモ」

【試乗記】「5シリーズGTより間違いなく"買い"」 BMW 「3シリーズGT」(ビデオ付)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング