日産から「ミッドナイトオパール」のボディ・カラーを纏った世界限定100台の「GT-R」が発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年7月16日 22時10分

日産から「ミッドナイトオパール」のボディ・カラーを纏った世界限定100台の「GT-R」が発売!


日産自動車は16日、見る角度により色合いが変化するマルチフレックスカラー「ミッドナイトオパール」をボディ・カラーに採用した「GT-R Special edition」を全世界で限定100台発売すると発表した。

Gallery: Nissan GT-R Special edition


 
R33型「スカイライン GT-R」のイメージ・カラーとして始まり、R34型では輝きを増しながら限定モデルにのみ採用されていた印象的なあの「ミッドナイトパープル」を思わせる、"ミッドナイト系"ボディ・カラーを纏ったR35型GT-Rが登場した。「宝石の持つ無限の奥行きと色の多面性を表現」したというその特別塗装色は「ミッドナイトオパール」と名付けられ、塗装に際しては一台一台、匠の手によって磨き込みを行うことで「スーパーカーに相応しい上質で美しい色彩」を生み出すという。

そんな「目にする角度や光の当たり具合によって色の見え方が変わり、宝石のような深みのある輝き」を放つボディの後端には、オートクレーブ工法による本物のドライカーボン製リア・スポイラーが装着され、ゴールド調の限定色ハイパーチタンカラーコートを施したレイズ製軽量鍛造アルミホイールが足元に彩りを加える。さらにエンジンルーム内には特別にゴールド仕上げとなるアルミ製モデルナンバー・プレートが付けられるという。




通常はオプションとなるSRSカーテンエアバッグシステム&運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステムを標準で装備し、価格は1,050万円(消費税別ならちょうど1千万円ということになる)。ベースとなった「GT-R Premium edition」に、セット・オプションとして用意されているブラッククォーツクロームカラーコート仕様のレイズ製アルミ鍛造ホイールとドライカーボン製リア・スポイラーを付けるより、実は4万2,000円もお買い得(実際には通常この組み合わせは注文できないのだが)。さらに上記のエアバッグシステムを装備したら7万3,500円も高くなり、バイブラントレッドとダークメタルグレー以外のカラーを注文すれば特別塗装色費が掛かる。

かつてミッドナイトパープルのGT-Rに憧れ、現在R35の購入を考えている方は、至急お近くの販売店まで。その前に装備やスペックを確かめたいという方は、以下のリンクから公式サイトをどうぞ。


日産「GT-R Special edition」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング