フォードなんて目じゃない!? 米カリフォルニア州のハイブリッド車の6割はトヨタ車

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年8月5日 12時30分

フォードなんて目じゃない!? 米カリフォルニア州のハイブリッド車の6割はトヨタ車


Gallery: 2012 Toyota Prius Plug-In First Drive Photos


ハイブリッド車の米の主力市場であるカリフォルニア州で、フォードのハイブリッド車がシェアを拡大させている。フォードのハイブリッド車を買った人のほとんどがトヨタ「プリウス」からの買い替えで、トヨタの独壇場にフォードが徐々に浸食してきているような状況だ。しかし、トヨタが先日発表した同州でのハイブリッド車の販売状況を見る限り、フォードとの差はまさに圧倒的であるようだ。
トヨタによると、カリフォルニア州で販売されているハイブリッド車のうち6割がトヨタ車であるという。また、2013年1月~5月までの同社のハイブリッド車の累計販売台数は、フォードの5倍にあたり、同州のハイブリッド車のうち、2台に1台がプリウスだそうだ。さらに、米国でのプリウスの販売数は150万台にのぼり、そのうち9割が今も現役で走行しているという。

このデータの発表時に、米国トヨタ自動車販売のビル・フェイ副社長は次のように語っている。「ハイブリッド業界の競争は激化したが、弊社の幅広いハイブリッド車の品揃えは、新規および以前からの顧客のどちらにも高い価値と強い個性を提供し続けている。全世界で530万台、米国だけでも200万台以上のハイブリッド車を販売している弊社は、ハイブリッド車の技術において誰もが認めるリーダー的存在であり、ハイブリッド技術の受け入れが米国中に広がるよう、そして弊社もより成長できるよう努力し続ける」

カリフォルニア州でのトヨタのハイブリッド車の人気の高さには驚かされるが、一方で、米全土で見た時には、ハイブリッド車の人気は決して高いとは言えない。2012年時点で、米全土で販売された新車のうち、ハイブリッド車の割合はたった3.3%に留まり、そのほとんどがカリフォルニア州での販売だ。

トヨタにとっては、急成長するフォードのハイブリッド車をカリフォルニア州から追い出す作戦よりも、米全土でのハイブリッド車人気の底上げを狙う作戦が重要なのは間違いないだろう。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Gallery: 2012 Toyota Prius Plug-In First Drive Photos



【PR】プリウスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング