トヨタ、ハイブリッド4ドア・セダン「SAI」をビッグマイナーチェンジ!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年8月29日 18時30分

トヨタ、ハイブリッド4ドア・セダン「SAI」をビッグマイナーチェンジ!


トヨタは29日、ハイブリッド・セダン「SAI(サイ)」に内外装を一新するビッグマイナーチェンジを施して発売した。

Gallery: TOYOTA SAI


 
レクサス・ブランドから販売されている「HS250h」と実はその中身が共通のトヨタの「SAI」は、2009年12月に発売。「プリウス」よりも排気量が大きな2.4リッター直列4気筒エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドのパワートレインに対し、オーソドックスな4ドア・セダン型の外観はこれまで悪い意味だけではなくコンサバティブな印象だった。それが今回、内外装を一新するほどのビッグマイナーチェンジが施され、良い意味だけとは限らないほどアグレッシブなイメージに生まれ変わっている。



ちょっと「G's プリウス」を思わせるフロントマスクは、ボンネットからバンパー下部まで縦方向を強調し、「厚みのある顔により堂々とした印象を付与」したそうである。ほぼ車両の全幅をカバーする超ワイドサイズのヘッドランプは、トヨタによれば「精悍で前を見据えるような鋭い目つきのデザイン」だとか。ライトを点灯させると、白色LEDの光が中央のエンブレムから両サイドに向けて「力強く発散」するという。当然リアも、フロントとテーマを合わせたというデザインに大きく変えられた。バンパー下のコーナー部いっぱいにリフレクターを配置することで「スタンスの良さを演出」したそうだ。ボディ・カラーには新色としてレッドマイカメタリック、グレーマイカメタリック、クリアーストリームメタリックの3色が追加され、全7色から選択可能となっている。



ダッシュボードの中央に大きなセンタークラスターが目立つインテリアは、基本的な構成はそのままで、各パネルに装備されるスイッチやデザインを一新。これまでの落ち着いた雰囲気はやや失われた気もするが、操作性・利便性は高められているという。「茜(アカネ)」と呼ばれる新色トリムや、クリアブルーに光る夜間イルミネーションも採用された。ドライブモードスイッチには、外観の路線変更に合わせたのだろうか、新たに「スポーツモード」を追加。「軽いアクセル操作で力強い加速を生み出し、パワーステアリング制御の切り替えとあいまって、ダイレクト感あふれる走りが可能」になるそうだ。



見えない点にも改良の手は入れられており、吸・遮音材の増強や遮音ガラスの採用などにより室内の静粛性が高まっているという。また、スポット打点の追加によってボディ剛性が強化され、さらに走行安定性を向上させるエアロスタビライジングフィンやパフォーマンスダンパーも(グレードにより)設定されている。ロアグリルやフロアアンダーカバーなど、樹脂リサイクル材の使用部位を大幅に拡大することでエコにも配慮。空力性能の向上やハイブリッド制御の変更などにより、JC08モード燃費はこれまでの21.0km/リッターから22.4km/リッターに改善された。価格はエントリー・グレードがやや引き下げられ、321万円から421万円となっている。助手席リフトアップシートを装備する福祉車両「SAI ウェルキャブ」は386万円から405万9,000円(いずれも消費税込み)。



そもそもは、才能の「才」と「彩(いろどり)」をコンセプトに開発され、車名の由来とするトヨタ SAI。今回のマイナーチェンジにより、トヨタ自身は "世代を超えて「カッコイイ」と共感されるスタイルに進化した。" と言い切っている。ちなみにSAIの2013年1月〜6月における合計販売台数は2,458台。「プリウス」「アクア」の2パーセントに満たない。果たしてこの数字を、トヨタによる挑発的とも言えそうなイメージチェンジによって、どれだけ増やすことが出来るだろうか。新しいSAIに関する詳しい情報は以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

トヨタ公式サイト「SAI」


By Hirokazu Kusakabe (Facebook)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング