「セクシーなオープンカー」ベスト&ワースト3を発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年9月5日 10時30分

「セクシーなオープンカー」ベスト&ワースト3を発表!


今回は、Autoblogの姉妹サイト、AOL Autosが厳選した「セクシーなオープンカー」のベスト&ワースト3をご紹介したい。
ベスト1位: アウディ「R8 スパイダー」

メーカー希望小売価格: 12万8400ドル(約1280万円)〜16万4700ドル(約1640万円)
燃費: 市街地11mpg、高速道路20mpg(4.7km/ℓ、8.5km/ℓ)

今、「最もセクシーなコンバーチブル」の名にふさわしいのは、アウディ「R8スパイダー」だろう。スタイリッシュなLEDヘッドライト、なめらかなカーブ、エッジの効いたアグレッシブなボディなど、その官能さはひと目見るだけで明らかだ。ルックスだけでなく、日頃の街乗りにも適している点も魅力だ。

ベスト2位: シボレー「コルベット・スティングレイ」

メーカー希望小売価格: 5万6995ドル(約570万円)
燃費: 市街地17mpg、高速道路29mpg(7.2km/ℓ、12.3km/ℓ)

2位は、2013年1月のデトロイトオートショーで衝撃のデビューを飾ったシボレー「コルベット・スティングレイ」。米国が誇るマッスルカーにスマートなルックスが与えられ、手頃な価格と燃費の向上が魅力に拍車をかけている。これほど目を引くデザインと高性能を兼ね備えたクルマが、6万ドル(約600万円)以下で買えるなら、間違いなくお買い得といえるだろう。

ベスト3位: ベントレー「コンチネンタルGTC」

メーカー希望小売価格: 19万3300ドル(約1920万円)〜21万6400ドル(約2150万円)
燃費: 市街地14mpg、高速道路24mpg(5.9km/ℓ、10.2km/ℓ)

3位は超高級車、ベントレー「コンチネンタルGTC」だ。堂々とした外観は、リッチな投資銀行家やラップ歌手にも大人気となっている。贅沢な内装や、なめらかなエクステリア、パワフルなエンジンを備えたセクシーなコンバーチブルに、道行く人も思わず振り返ってしまうだろう。

次に不名誉なワースト3に選ばれた3車種を見てみよう。

ワースト3位:フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」

メーカー希望小売価格: 2万4995ドル(約250万円)〜2万7895ドル(約280万円)
燃費: 市街地21mpg、高速道路27mpg(8.9km/ℓ、11.5km/ℓ)

ワースト3位はフォルクスワーゲン「ザ・ビートル」だ。特徴のあるデザインは魅力と言えるが、これをセクシーと呼ぶのはつらいかもしれない。新型ビートルのメカニズムは認めるが、欲しくてたまらないコンバーチブルでないことは確かだ。

ワースト2位:日産「ムラーノ・クロスカブリオレ」

メーカー希望小売価格: 4万4540ドル(約443万円)
燃費: 市街地17mpg、高速道路22mpg(7.2km/ℓ、9.3km/ℓ)

野心的な「ムラーノ・クロスカブリオレ」を生み出した日産の意欲は評価するが、このルックスではその努力も水の泡だろう。しかも、価格が理不尽なほど高い。筆者が同モデルを路上で見かけたのは数回に過ぎないが、その度に心の中でからかいたくなってしまった。

ワースト1位: スマート「フォーツー」

メーカー希望小売価格: 1万7890ドル(約180万円)
燃費: 市街地34mpg、 高速道路38 mpg(14.4km/ℓ、16.1km/ℓ)

ワースト1位は、スマート「フォーツー」に決定。コンバーチブルというより、オープンゴルフカートに近いそのルックスは、セクシーさから程遠い。コンパクトなボディは、レーン変更するにも駐車するにも便利で、街乗りには最適だが、セックスアピールが求められるコンバーチブルには不向きかもしれない。しかも、新しいデザインとエンジンを採用しているため、旧型と比べ価格も上がっている。

By AOL Autos
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】セクシーなオープンカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング