フェリペ・マッサが来シーズンからF1のウィリアムズへ移籍!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年11月14日 10時30分

フェリペ・マッサが来シーズンからF1のウィリアムズへ移籍!


先日、キミ・ライコネンがフェラーリへの移籍を発表し、フェルナンド・アロンソとコンビを組むことが決定。以来、ベテランのブラジル人ドライバー、フェリペ・マッサの動向に注目が集まっていたが昨日(現地時間)、マッサのウィリアムズへの移籍が発表され、来シーズンからの3年契約が結ばれたとBBCスポーツが報じた。
マッサは声明のなかで、「子供の頃、ウィリアムズやフェラーリ、マクラーレンのドライバーになりたかった。だからウィリアムズへ移籍することになり嬉しいよ」と述べた。マッサはフェラーリで過ごした8年間で11回のGP優勝を果たしている。2009年のレースでは、前方から飛んできたマシンのスプリングが頭部を直撃するという事故に見舞われ、ドライバー生命が危ぶまれたこともあった。今回の移籍でF1での11年間に及ぶキャリアが継続されることになり、ファンにとって喜ばしいニュースとなった。

マッサの加入でウィリアムズを離れるベネズエラ人ドライバー、パストール・マルドナドは、ライコネンが抜けたロータスに行くのではないかと噂されている。マッサの相棒となるウィリアムズの24歳のルーキー、バルテリ・ボッタスはF1への道を着実に進んできたが、今シーズンのドライバーズポイントは0ポイントで、ドライバーズ・チャンピオンシップでは暫定18位となっている。

ここのところ勢いのないウィリアムズについて聞かれたマッサは、「チャンピオンシップはチーム一丸となって戦うものだ。僕も一員として好成績を収められるよう、がんばるよ。ウィリアムズは勝つために努力をしている。きっと良い結果を出せるだろう。別のチームへの移籍という選択肢もあったが、ウィリアムズを選んだのは正しかったと思っている」と述べた。

これで、ドライバーの移籍について憶測が飛び交う、F1のいわゆる"シリーシーズン"に幕が下りたのだろうか。また新たな情報が入り次第、お伝えしよう。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】F1マシンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>









<人気フォトギャラリー>

Gallery: tokyo autosalon 2013 girls 03 03


Gallery: tokyo autosalon 2013 girls 04 03

フェリペ・マッサが来シーズンからF1のウィリアムズへ移籍!

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング